愛媛と言えば!定番中の定番銘菓『一六本舗』の一六タルト

そもそも一六タルト(愛媛タルト)とは?その由来・歴史を解説

大阪人が今川焼き(回転焼き)をしばしば「御座候」とその店名で称してしまうのと
同じくらい、愛媛県民にとって馴染み深い「一六本舗」の一六タルト(愛媛タルト)。

今でこそ『愛媛タルト』と言えば通じるようになりましたが、普通『タルト』と
聞けばケーキ屋さんが出てくるあのビスケット生地の土台を思い浮かべますよね。

ですが愛媛で『タルト』とそれだけ言えば『愛媛タルト』を意味するそうです
ので、旅行者の皆さんはお気をつけ下さい(笑)

その名前の由来は諸説あるのですが、『焼き菓子』を意味するラテン語からきて
いるそうで、初代松山藩主・松平定行公がポルトガル人から教わったのが始まりです。

当時のタルトはカステラの中にジャムが巻かれたものでしたが、それを現在の
ような餡入りのタルトに定行公が改良したと言われています。

そしてその製法が明治以降、松山の菓子職人に伝わっていき、愛媛を代表する
銘菓となったのです。すごく深い歴史を感じますよね。

愛媛タルトの中でも一級品!一六タルトの美味しさ・こだわり

愛媛タルトを製造・販売しているメーカーはたくさんあるのですが、中でも
一六本舗が一番人気に挙げられると思います。

まずはそのこだわりの〝の〝の字に詰められた餡!

まろやかな甘さを引き出す白双糖を加えたこしあんなのですが、皮がとられた
あずきを使われているので口当たりが本当になめらかなんです!

更に四国特産の柚子も入っているので、甘さの中にさっぱりとした爽快な風味も
広がります。

生地もしっとりなのにふっくらともしていて、絶妙にマッチしてお茶菓子に
まさにぴったりですよ。

一六タルトは味も種類も豊富!食べやすい個包装タイプもあり

そんな一六タルトの種類はと言うと、先ほどご紹介したオーソドックスな柚子に加え
抹茶が常時展開されていて、期間限定でその他にも色々な味も一緒に販売されます。

今の時期はさっぱりとした「塩レモン」「甘夏みかん」がラインナップにありましたよ。

ちなみに一六タルトは基本的に〝本〝単位で販売されていますが、食べやすいように
既にスライスされた状態で包まれているのでご心配なく。

また、色んな味を試してみたい方や一人暮らしの方のお土産に最適な一切れ入りの
個包装タイプもあるので、ばらまきお土産にも良いですよね。

愛媛を代表するだけあって購入しやすい一六タルト 通販もあり!

やっぱり愛媛を代表する定番中の定番銘菓と言うだけあって、一六タルトはとっても
購入しやすいです。

本店のインフォメーションは下記の通りですが、

十六番館】

≪住所≫

松山市東石井2丁目22-13

≪定休日≫

年中無休

≪営業時間≫

8:30 ~ 20:00

≪電話番号≫

089-958-0016

≪駐車場≫

≪ネット販売≫

楽天市場で「一六タルト」をお探しの方はこちら

この他にも直営店があるほか、愛媛のお土産屋さんならどこでも大抵取り扱っています。

また、関東や関西でも販売されており、その店舗もHPで詳しく掲載してくれていますよ
http://www.itm-gr.co.jp/ichiroku/shoplist/?page_id=212

通販から購入することももちろん可能です
http://www2.enekoshop.jp/shop/ichiroku/?_ga=2.192905770.1080278239.1561885462-916508283.1561885462

たくさん種類がありますが代表的な商品のお値段はこちらです。

・一六タルト「柚子」1本(11切れ入り) 700円(税抜)

・ひと切れ一六タルト「柚子」 119円(税抜)

愛媛土産としてはもちろん、普段のお茶請けにもぴったりな一六タルト。

ぜひ食べてみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする