徳島県の特産品”鳴門金時”を使用したお菓子「鳴門金時ポテレット」

「鳴門金時ポテレット」は徳島のおいしい食材でできたお菓子

鳴門金時ポテレット」は、徳島・香川・兵庫で20店舗を経営する洋菓子店(株式会社イルローザ)の人気スイーツです。

「鳴門金時ポテレット」はスイートポテトがサブレ生地に乗ったお菓子です。スイートポテトにもサブレ生地にも鳴門金時が使用されています。

地元鳴門産のお塩が味のアクセントとなっていて、甘過ぎず上品な味になっています。

ちなみに「鳴門金時ポテレット」にも使用されている鳴門金時とは、ホクホクと栗のような食感のさつま芋です。糖度はお菓子に最適といわれています。

主成分はでんぷんですが、栄養(ビタミンCやカリウムなど)が豊富なさつま芋です。

この投稿をInstagramで見る

🍠徳島県産 鳴門金時🍠 すっごく綺麗な色ですね😍 徳島県の農家さん @sugi_imo.daikon さんに無理言って少しだけ仕入れさせていただきました🍠 ありがとうございます😊 * まだまだ新芋で熟成されていないので、焼き芋にするには早いですが、芋けんぴで使用させていただきます😋 * 熟成したら焼き芋でも販売してみたいですね🍠ホクホク系が好きなお客様、楽しみにいていてくださいね♡ #やきいもコロ #鳴門金時 #徳島県 #新芋 #ありがとう #感謝 #いつも無理を言う #応じてくれる農家さん #感謝しかない #徳長芋屋本舗 #杉本農園

やきいもコロ(@yakiimokoro)がシェアした投稿 –

加熱調理をしても、栄養成分はほとんど失われないそうです。

見た目は紅色と鮮やかな黄金色をしています。

茹でても美味しいですが、お菓子にはもちろん、天ぷらといったお料理にも最適なさつま芋です。

国内産小麦を積極的に使用した「鳴門金時ポテレット」のこだわり

安全性や日本の農産物を守りたいという観点から、国内産の小麦粉を使用しているそうですよ。

国内産の小麦ならではの豊かな味を楽しむことができます。

産地や品種などにより性質が異なる小麦は、それぞれのお菓子に適したものを選ぶことも重要で、レシピは何度も試行錯誤を繰り返してできたそうです。

徳島県内で収穫される食材や国内産の材料を使うというお店の強いこだわりが感じられますよね。

「鳴門金時ポテレット」は新しく生まれ変わり、さらにおいしく進化!

新しくなった「鳴門金時ポテレット」では、今までよりもさらに鳴門金時の味を感じることができます。

スイートポテトは、蒸したさつま芋と焼いたさつま芋のペーストをブレンドしているそうですよ。

ホクホクの鳴門金時を楽しむことができるお菓子となっています。

もちろん小麦は国内産のものが使用されています。

この投稿をInstagramで見る

鳴門金時芋🍠の スイートポテトとサブレが合体〜😍 サブレはしっとり系だから お口に入れると ポテトのタルトみたい〜😋 幸せな お味でした #鳴門金時ポテレット#鳴門金時芋#スイートポテト#鳴門金時サブレ#イルローザ#ILROSA

chika☺︎(@chikasmagd)がシェアした投稿 –

レシピの開発が始まったのが2015年の秋です。

それから原材料配合の微調整や焼き方を工夫するなどして、新しい「鳴門金時ポテレット」は誕生したのですね。

ぜひ、新しくなった「鳴門金時ポテレット」をチェックしてみてください。

上品な味のお菓子「鳴門金時ポテレット」は手土産やお茶菓子に人気~まとめ~

 

鳴門金時のホクホク感が味わえる「鳴門金時ポテレット」は、手土産や自宅用のお茶菓子、ちょっとしたごあいさつ用(引っ越しなど)に用意する方も多いみたいですよ。

インターネットから商品を買うこともできますが、本社工房に併設された南沖洲工房店では焼きたてのお菓子の香りを楽しむことができます。

そして、製造過程でできる形が不揃いといった見た目が正規品とは違うお菓子もこちらの工房では取り扱っているそうです。

オンラインショップでは、自宅用でオリジナルの簡易袋に入れて届けてくれる商品もあります。

もちろん「鳴門金時ポテレット」も簡易袋で購入もできます。

箱代がかからない簡易タイプなので、自宅用にお取り寄せするときなどにおすすめですよ。

「鳴門金時ポテレット」を楽天市場にてお求めになりたい方はこちら

《住所》

南沖洲工房店:〒770-0874 徳島県徳島市南沖洲5丁目6番20号

《アクセス》

阿波富田駅から2,683m

《営業時間》

9:30~19:00

《料金》

1個:140円(税込)

《駐車場》

あり

《オフィシャル》

・株式会社イルローザ https://www.ilrosa.co.jp/

・公式オンラインショップ http://shop.ilrosa.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする