「阿波棒ういろ」は控えめな甘さともちもち食感がくせになる美味しさ

「阿波棒ういろ」は歴史ある阿波ういろ~ういろが誕生するまで~

みなさん、『阿波棒ういろ』というお菓子をご存じですか。

地元の方はもちろんのこと、全国から注文がある人気の和菓子です。

この投稿をInstagramで見る

徳島に行ったら食べて欲しい物紹介‼️🎉 #阿波棒ういろ いや、個人的にはお取り寄せして食べたいもの😋 竹内製菓さんのういろうは無添加なので、鮮度が命なのですが もちもちしててウマウマ🐴です😍 裏技として冷凍庫で保存して30秒チンして食べてます😋 #徳島 #とくしまおすすめ土産 #阿波棒ういろ #竹内製菓

徳島、知られていない説。(@tokushima_fun)がシェアした投稿 –

徳島には、阿波ういろと言われるういろうがあります。

その誕生は、江戸時代までさかのぼります。

徳島にサトウキビの栽培が江戸時代に伝わりました。

サトウキビをもとに阿波和三盆糖が作られ、和三盆糖の誕生をお祝いしようと、徳島藩主などが旧暦3月3日の節句に阿波ういろを食べたと言われています。

そのため、旧暦3月3日には阿波ういろを食べる習慣が徳島にはあるみたいです。

この投稿をInstagramで見る

#郷土の和菓子 #阿波ういろう #徳島県の伝統的な蒸し菓子です #小豆あんに阿波和三盆糖を加えます #もち粉と寒天などを使います #むちむちした食感と #素朴でやさしい甘さです #どんどん進みます #和菓子好き #和菓子好きな人と繋がりたい #あんこ好き #あんこ好きな人と繋がりたい #一日一和菓子いただきます

日本豆類協会(@nihon_mamerui_kyokai)がシェアした投稿 –

阿波ういろは、最近では様々な味を楽しめます。

今回ご紹介する竹内製菓の「阿波棒ういろ」のように棒状になったものも販売されています。

阿波ういろは、小中学校の給食に採用されたこともあり、「また食べたい」と好評だったようですよ。

名古屋ういろう、山口ういろうと並び阿波ういろは日本最大ういろうの一つです。

食べ比べてみて、材料や食感の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

「阿波棒ういろ」はあっさりした甘さともちもちした歯ごたえのういろ

阿波棒ういろ』を販売する竹内製菓は、棒ういろ専門の和菓子製造販売の会社です。

賞味期限は、購入した日を含めて3日です。

防腐剤を使っていないので、一般的なういろうと比べて、賞味期限は短いです。

それでも、全国から電話での注文がたくさんあります。

常温で食べるのはもちろんおいしいですが、個人的には短時間だけ冷やして食べるのもおすすめです。

少しひんやりとして、常温とは違うもっちり感を楽しめますよ。

「阿波棒ういろ」人気の秘密はお手頃価格と職人技が光る独自製法

 

阿波棒ういろ』は1本60円(税抜)です。お手頃価格ですよね。

この投稿をInstagramで見る

.*・゚ .゚・*. ここの棒ういろおすすめ😃✨✨竹内製菓さんの棒ういろは食べやすいし、米粉だけを使っていて、防腐剤は使っていないので安心できる!温めて食べても美味しい💕 . #阿波棒ういろ#棒ういろ#ういろ#徳島#竹内製菓#防腐剤不使用 #おやつ .*

mina(@mina23x)がシェアした投稿 –

小分けにされていて食べやすく、値段がかからないサービス箱や、有料の化粧箱が用意されています。

自宅用はもちろんのこと、お土産・お供え物として購入する方が多いそうですよ。

竹内製菓の「阿波棒ういろ」に使われている米粉は、専用に加工してもらっている国産米粉です。

こしあんも良質な小豆から作られています。

毎日の気候に合わせて職人さんが米粉とこしあんを配合、職人さんの技が光りますよね。

竹内製菓の「阿波棒ういろ」には、餅粉は使用されていませんが、それでも、とてもモチモチとしています。

二口ほどで食べきれるサイズ感とくせになるこのもちもち食感を、ぜひ一度お試しください。

「阿波棒ういろ」は小分け販売にして売り上げアップの人気和菓子~まとめ~

阿波棒ういろ』の包装は、当初は耐熱セロハンを巻いて箱詰めしただけのものでした。

1997年に現在のような個包装になりました。

核家族化などの要因もあり、小分けでの販売を希望する方が多かったようです。

「阿波棒ういろ」を小分け販売にしたことで、衛生面と売り上げが向上、多い日には1日に約1万7千本が売れます。

”こしあん”と聞くと、甘くて敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、しつこくない甘さなので、一度お試しになられてみてはいかがでしょうか。

ついもう一本と食べてしまうかもしれませんよ。

《住所》

・大野橋店:〒770-8070徳島県徳島市八万町大野141-1

・国府店:〒779-3122徳島県徳島市国府町府中723

《アクセス》

・大野橋店:文化の森駅から車で約4分

・国府店:府中駅から車で約3分

《営業時間》

・大野橋店:8:30~17:30

・国府店:8:30~17:30

《駐車場》

・大野橋店:有

・国府店:有

《料金》

1本60円(税抜)

《注文》

電話注文は、下記2店舗で可能。送料は購入者負担。

・大野橋店:088-660-7228

・国府店:088-643-0227

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする