幸せを運ぶお菓子。秋田県の「青豆のドラジェ」で気分はHAPPY!

「青豆のドラジェ」は枝豆をチョコでコーティングした可愛いお菓子

 

秋田県の可愛い豆菓子『青豆のドラジェ』を紹介します。

「青豆のドラジェ」は、フリーズドライの枝豆にホワイトチョコをコーティングした、パステルカラーの可愛いお菓子です。

上品でナチュラルなデザインの箱を開けると、コロコロとした色とりどりのドラジェが入っています。

薄い緑色のドラジェには、秋田県産の“あきた香り五葉”という枝豆が入っています。

この投稿をInstagramで見る

青豆のドラジェ 秋田からの頂き物 たけや製パンさんのホワイトチョコに、青豆が入ったドラジェ可愛くて、エダマメ香る(あきた香り五葉と言う枝豆) 大きい粒は、アーモンド #青豆のドラジェ#たけや製パン#秋田#可愛くて美味しい#あきた香り五葉

田原はるみ(@ru.harumi)がシェアした投稿 –

チョコレートの甘味と枝豆の香りが口に広がり、パクパクと食べてしまいます。

黄色、白、ピンクのドラジェにはアーモンドが入っています。

枝豆とアーモンドの2種類の味わいを楽しめるのが嬉しいですね。

コーティングしているのは、ベルギー産の高級チョコレート。

チョコレートの優しい色合いは、クチナシの実など天然素材を使用しているようです。

小さな粒の中に、たくさんのこだわりが詰まっている秋田県の自慢のお菓子です。

 

ドラジェってなに?「青豆のドラジェ」のネーミングの由来

 

「ドラジェ」とは、チョコレートや砂糖でコーティングしたお菓子のことです。

ヨーロッパでは“幸せを運んでくれるお菓子”として、婚礼、洗礼、出産などの慶事で配られる縁起物です。

アーモンドやピスタチオ、ヘーゼルナッツをコーティングしたものが多いですが、『青豆のドラジェ』は秋田県特産の枝豆をフリーズドライしたものを使用しています。

青豆とは、大豆の一品種で実は緑色で粒が大きいのが特徴です。

ヨーロッパのお菓子を秋田風にアレンジした、他に類を見ない逸品です。

あまり聞きなれないネーミングと、お洒落で洗練されたパッケージは、つい購入したい気持ちをかきたてられますね。

 

お酒のおつまみにも!野菜スイーツ専門店とのコラボ商品「青豆シリーズ」

 

青豆のドラジェ』は株式会社あきた食彩プロデュースが、野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」と共同開発した商品です。

「パティスリーポタジエ」のオーナーシェフとのコラボレーション商品は「青豆のドラジェ」以外にもあります。

青豆のあきたこまちクラッカー」は、軽く揚げたあきたこまちのクラッカーに枝豆パウダーがまぶしてある米菓。

この投稿をInstagramで見る

頂きました #感謝 #青豆のあきたこまちクラッカー #恋小町

Mayuko(@mayuko_uminohoshi)がシェアした投稿 –

低塩分のやさしい味付けで、サクサクとした食感が人気です。

青豆のローストビーンズ」は、秋田県産の大豆“リュウホウ”をローストして枝豆パウダーをまぶしたお菓子。

この投稿をInstagramで見る

こちらもお土産でいただきました♡ #青豆のローストビーンズ #美味しゅうございました

YuKoba(@obichyan)がシェアした投稿 –

きなこ味と塩味の2種類あり、どちらもお酒のおともにぴったりです。

これらは「青豆シリーズ」として県内外のかたから愛されています。

 

枝豆とホワイトチョコのハーモニー。「青豆のドラジェ」の魅力 (まとめ)

 

青豆のドラジェ』は、思わずSNSで自慢したくなってしまうお洒落でハイセンスなお菓子です。

80gで1000円と、値段は少し高く感じるかもしれませんが、食べてみたらわかります!

高級チョコレートでコーティングされたこだわりの秋田産枝豆は、香り高く上品な味わいです。

お洒落なパッケージにコロコロと可愛らしいドラジェ。しかも美味しくて、幸せな気持ちになります。

プレゼントとして贈ったら絶対に喜ばれること間違いなしです。

オンラインショップでも購入できるので、ぜひ一度購入してみてはいかがでしょうか。

「青豆のドラジェ」を楽天市場にてお求めになりたい方はこちら

<住所>

角館 町家館

〒014-0323 秋田県仙北市角館町横町42番地1

TEL: 0120-86-4931

<アクセス>

角館駅より徒歩12分

<営業時間>

8:00〜17:00

<駐車場>

<料金>

青豆のドラジェ 1,000円(税込)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする