南池袋にある「御菓子司 紅谷」は“みみずくの森最中”がおすすめ!

雑司ヶ谷鬼子母神に昔から伝わる”みみずく”にちなんだ和菓子を販売!

東京の南池袋にある御菓子司 紅谷(おんかしし べにや)は和菓子店として創業してから、90年以上の歴史を持つ老舗です。

こちらのお店が立地する近くの雑司ヶ谷には鬼子母神堂があり、この鬼子母神のお告げに
よってつくられるようになったと伝えらえているのがすすきみみずくです。

これは、ススキの穂を使った人形で、東京の郷土土産として有名です。このすすきみみずくなんですが、雑司ヶ谷鬼子母神の参拝のお土産としても販売されています。

そして、こちらの紅谷ではこのみみずくにちなんだ和菓子も販売されているんです!

みみずくのデザインを取り入れた和菓子は見た目が可愛いく、お土産としてもおすすめですよ!

紅谷で一番のおすすめの和菓子は”みみずくの森最中”です!

紅谷ではみみずくにちなんだ和菓子が販売されています。

ちなみに…

さっきから”みみずく”ミミズクって普通に書いてますけど、ミミズクってこれです!
(知らない方のために)

「いけぶくろ」だけに”フクロウ”なんでしょうかね!? わかりませんが…(笑)

見た目が可愛いみみずくの形をした、「みみずくサブレ」や四国の名産の和三盆糖を
使った「みみずくの打菓子」などなどどれもおいしいのですが、中でも一番おすすめ
したいのが「みみずく最中」です。

最中皮にはみみずくのかわいらしいデザインが施されているのが特徴で、食べてみると
最中の香ばしい香りが口に広がります。

そして、中には粒あんで甘いあんこがたっぷり入っています。

あんこの甘さと最中の香ばしさが絶妙で、とても美味しいです!

私が子供のころには、鬼子母神堂に出かけた際には、必ずといっても良いくらい買って
もらっていました。

さらに、食べるときにはあたたかい緑茶や抹茶と一緒だと、さらに美味しさ倍増!
相性抜群です!

地方発送もしているので、遠方の親戚などに届けたいという人にも便利ですよ。

みみずくの和菓子だけじゃない!?他にも美味しい和菓子がたくさん!

御菓子司 紅谷では、みみずくにちなんだ和菓子だけではなく、他にも魅力的な
和菓子をたくさん販売しています。

皮がふっくらしていて、甘さ控えめな味がする「どら焼き」や、これまた甘さ
控えめのあんこを柔らかいお餅で包んだ「豆大福」。

豆大福は豆の味もアクセントになっていておいしいです!

他にも秋限定の「栗どら」は栗を丸々一つ使われており、とても食べ応えがありますよ。

他にもカステラ苺大福大栗などここでは紹介しきれないほどたくさんの和菓子を
販売していますよ!

すぐに売り切れてしまったり、時期によって販売していないものあるので、
お目当てのものがあるならば、早めに行ってみましょう。

東京土産にみみずくの和菓子はいかがでしょうか?鬼子母神堂の参拝帰りも便利!

歩いて15分くらいのところに鬼子母神堂もあるので、参拝の帰りにお土産として
買うのにもいいですよ!

かわいらしいデザインのみみずく最中を是非チェックしてみてください!

御菓子司 紅谷三宅】営業時間・アクセスなど~まとめ~

《所在地》

東京都豊島区南池袋2-11-4

《営業時間》

8:30~18:30(※定休日は日曜日・お盆&お彼岸は営業)

《アクセス》

池袋駅東口より徒歩7分

《その他》

※駐車場はありません。(近くに有料パーキングあり)

※地方発送賜ります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする