何なのこれ?何やねんこれ?食べてみらんね! 宮崎のおもしろおかしい美味しいお菓子『なんじゃこら大福』

今年で誕生30年の看板商品。甘党なら是非一度、食べてみらんね!

宮崎といえば、自慢の美味しい鶏肉で作るチキン南蛮や、マンゴー・金柑などの
果物が有名ですが、いえいえ、お菓子もすごいものがありますよ。

それが『お菓子の日高』の名物『なんじゃこら大福』です。

その見た目の大きさもなんじゃこら!ですが、初めて食べる方は、さらになんじゃこら!と
言葉が出ることでしょう。

やわらかな求肥にかぶり付きますと、甘~い粒あんが。

あら?いちごも入っています。いちご大福ですね。

おや?これは?

あら、栗ではありませんか。丸ごと1個とは豪快です。

え!?この酸味はクリームチーズ!

粒あんとのマッチングが美味しすぎます!なんじゃこら!

『一粒で2度おいしい』がキャッチフレーズのお菓子がありますが、こちらの
求肥の中は4度美味しいのです。

人気のある大福を一つにしてみよう!という店主の遊び心から生まれた

30年前、何かインパクトのある商品を作ろうと考えた社長さんが、人気商品だった
栗大福』『いちご大福』『チーズ大福』を一つに合体させたとのことです。

こんな社長さんの遊び心は、商品だけでなく、店外や店内で目を引く独特な文字の
POPや、他の商品にも溢れています。

広い店内は 生ケーキ、水菓子、焼き菓子、和菓子と多数揃い さながらお菓子の遊園地。

何から見ようか、どれを買おうかと大人でもウロウロと目移りすること必至です。

 

妹分の『なんじゃこらシュー』は姉より大きく育ってしまいました。

なんじゃこら大福の洋菓子バージョンとも言える『なんじゃこらシュー』。

大福より遅れてデビューした妹分ですが、姉を超える大きな身体になりました。

なんじゃこら大福は 女性の握りこぶしの大きさに例えられますが、シューの方は
『手のひらを覆い尽くす』という言い方で表現されています。

こちらは、シュー皮の中に 小倉あん生クリーム・カスタードクリーム・栗・いちご・
クリームチーズが入っているゴージャスな商品です。

この投稿をInstagramで見る

. ホワイトデー✨ . 幾つになっても貰えると嬉しいですね(*´-`)💕 . なんじゃこら大福&なんじゃこらシュー😋 . 断面pic(笑)シューの方もいちご!クリチ!栗が入ってます✋ . . お菓子作り🎽 実家で収穫のブルーベリー(冷凍庫で眠ったまま😳💦)といちご🍓ジャムでパウンドケーキ! . おやつtimeに~٩(*´︶`*)۶ ゴディバのチョコも✨ . 最後は可愛い子から( *´艸`)💕 ジブリ大好きと言ってるからかな(笑)(*´˘`*)♡”アリガト 顔なしソックス…(笑)🤣🤣 ちゃんと履きますよ🤣✋ #お菓子#お菓子作り#スイーツ#スイーツ好き#甘党#手作り#パウンドケーキ#ホットケーキミックス#ブルーベリー#いちごジャム#クッキングラム#チョコ#GODIVA#ゴディバ#ホワイトデー#お菓子の日高#なんじゃこら大福#なんじゃこらシュー

ゆみさん(@jongsuk_ym)がシェアした投稿 –

工場直売店ではイートインが可能ですので、持ち帰りが難しい場合は 宮崎港近くに
ある工場直売店を利用すると良いですね。

お菓子を購入すると 嬉しいコーヒーサービスがあります。

宮崎市内に7店舗。オンラインショップは8月末まで送料半額です!

どの店舗も駐車場完備ですが、鉄道利用ですとJR宮崎駅構内のお店が便利です。

オンラインショップは毎年、お中元とお歳暮のシーズンには 宅配便送料が半額になります。 (クール便代は別途かかります)

オンラインショップでは残念ながら『なんじゃこらシュー』は購入できませんが、他にも『ラムレーズンバター大福』や『水まんじゅう大福』など、なんじゃこら?な興味深い商品が多数あります。

宮崎名産の日向夏を使ったお菓子は、これからの時期、おすすめですよ。

この投稿をInstagramで見る

おやつ。 宮崎から送った荷物が届いてた… #おやつ #ゼリー #マンゴーゼリー #日向夏みかんゼリー #宮崎 #お菓子の日高 #日高信義商店

Masafumi Uetaさん(@maffy3194)がシェアした投稿 –

《本店所在地》

宮崎県宮崎市橘通西2丁目7-25

 

《本店営業時間》

9:00~21:00(※営業時間は店舗により異なります。)

 

《本店定休日》

年中無休(※元旦を除きます)

 

《本店アクセス》

JR日豊本線 宮崎駅 西口 徒歩約15分弱

 

《本店駐車場》

隣接地に有り

 

《商品価格》

なんじゃこら大福 1個420円(税込・2019年7月現在)

なんじゃこらシュー1個648円(税込・2019年7月現在) 

 

《オフィシャルサイト》

http://hidaka.p1.bindsite.jp/index.html

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする