『夢大福』は愛知県の岡崎で愛される究極にふわふわな新食感大福です

『夢大福』を生み出した岡崎の人気和菓子店《近江屋本舗》って?

愛知県岡崎市には、明治時代から100年以上も地元で愛される、とある和菓子店があります。

それは《近江屋本舗(おおみやほんぽ)》です。

明治44年創業で、現在は4代目がお店を切り盛りしています。

お店に行ってみると、瓦屋根の歴史を感じる趣のある建物で、格式ある佇まいです。

近江屋本舗の特徴は、伝統を大切にして昔ながらの製法を守りつつ、時代に合わせた新しい味を追求するところです。

そんな近江屋本舗の1番人気商品が『夢大福』。

この『夢大福』の新食感に、とりこになる人が続出しているんです!

『夢大福』はメディアでも人気!ふわふわでとろける新食感大福です!

夢大福』は、羽二重餅の中にクリームを包んだ和洋折衷な大福です。

最上級のやわらかさに仕上げた羽二重餅は、驚くほどよく伸びるんです!

そしてその羽二重餅の中に、クリームを職人が1つ1つ手包みしています。

そのクリームはとろっとろ♪

口に入れるとふわふわで、とろけてスーッとなくなっていくような、とにかくやわらかくて新食感の大福です。

大福というより、もはや飲み物かもしれません…!

食べたあと「あぁ、もっと食べたい…」と儚ささえ感じてしまうかも。

たびたびメディアでも取り上げられ、岡崎市のお土産としても知名度バツグン!

まるで赤ちゃんのほっぺのようにやわらかく、とろける食感の『夢大福』を食べてみたくなりませんか?

『夢大福』は常時約10種類のラインナップ!季節によって変わります

夢大福』の味は常時10種類ほどあります。

この記事を執筆現在(2020年9月中旬)のラインナップは以下の通りです。

・抹茶・小倉・ほうじ茶・ピーチ・レモン・ストロベリー・八丁味噌・ティラミス

・マンゴー・ヨーグルト

この他にもカフェオレ・キャラメル・りんご・ショコラなど、季節によって種類が変わります。

わたしのオススメは“八丁味噌”!

岡崎市の代名詞とも言える、八丁味噌を使っためずらしい大福です。

「クリームに味噌?」と思われる方もいると思いますが、味噌が隠し味のような役割で甘さを引き立てていて、甘じょっぱいおいしさでやみつきになるんです♪

ちなみにお店の1番人気は“抹茶”なんだそうです。

どうぞ『夢大福』のいろいろな味を食べ比べてみて、お好みの味を見つけてみてくださいね!

《近江屋本舗》の『夢大福』の価格はいくら?通販はあるの?

近江屋本舗の『夢大福』の価格は以下の通りです。(価格は一例。以下税別)

1個 143円

6個 988円

10個 1,597円

20個 3,110円

店頭販売の他、近江屋本舗のホームページから通販も可能です。

愛知の岡崎まで行かなくても、『夢大福』を手に入れることができますよ。

ホームページの通販ページはこちらです→https://omiya-honpo.shop-pro.jp/ 

また、『夢大福』は岡崎市の“ふるさと納税”の返礼品にも選ばれている大福です。

気になった方は、よろしければそちらの方も覗いてみてくださいね。

愛知県岡崎市の人気和菓子『夢大福』販売店舗情報~まとめ~

《近江屋本舗(おおみやほんぽ)》

【住所】

〒444-0943 愛知県岡崎市矢作町加護畑107

【電話】

0564-31-3350

【営業時間】

9:00~19:00

【定休日】

火曜日

(年末年始、お盆、お彼岸、節句、ゴールデンウィークは営業)

【アクセス】

名鉄名古屋本線「矢作橋駅」より徒歩10分

「矢作加護畑」交差点より車で1分

【オフィシャル】

https://www.omiya-honpo.net/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする