丘の上の菓子工房「ザ・さんくろうど」のしっとりクッキー『蔵生』

とにかくしっとりでやわらか!「蔵生」は驚きの食感なんです。

蔵生(くらなま)」は、よく見るクッキーのサイズより一回り大きい、直径8.5cmほど!

袋を開けて取り出し、手にすると誰もがビックリするほど柔らかいのです。

クッキーと言うより、サブレという感じですね。

中にはチョコレートが入っているのですが、外はしっとりなのに、チョコはサクッとしていて、なんだか不思議な食感!

試行錯誤の末に完成したこの形は、生地を押しつぶして作るのではなく、生チョコ入りの生地をそのまま焼くことで、生地の重みで自然と丸く薄く焼けるんだとか。

冷やすと中のチョコがパリッと固まり、温めると、チョコがとろ~りと溶け、3通りの味わいが楽しめます!

北海道小麦とビートグラニュー糖100%使用した「蔵生」のこだわり!

蔵生」の材料は、小麦粉・グラニュー糖・バター全て北海道産にこだわって作られています。

当初は、ミルクチョコを入れて焼いた「蔵生・ミルク生チョコ」のみでしたが、北海道の雪をイメージした白い蔵生を作ってみては?と言うリクエストに答える形で、「蔵生・ホワイト生チョコ」が出来上がりました。

この投稿をInstagramで見る

大好きな蔵生😘 ホワイトチョコが好き🍫 #デパ地下 #デパ地下購入品 #デパ地下スイーツ #蔵生 #旭川生サブレ #旭川生サブレ蔵生 #蔵生ホワイト生チョコ #スイーツ好き #スイーツ女子 #スイーツ巡り #スイーツ好きと繋がりたい #フォローミー

Yumi kominato(@yumi.kominato)がシェアした投稿 –

その後、生地にローストしたアーモンドをたっぷりと練り込んだ、「蔵生・アーモンド」も完成したのです。

「ザ・さんくろうど」は自然豊かな旭川の丘に建つ歴史的な建物「石蔵」!

北海道の真ん中辺り、自然豊かな旭川市の郊外・神楽岡の「旭川プラタナス通り」に、重厚な佇まいの「石蔵」があります。

明治時代の大雪山の噴火によって出来た美瑛軟石を使い、明治時代の外観を残し、2000年に建設されました。

この投稿をInstagramで見る

. . . 2019.11.10(日) . #sun蔵人 #乃が美 #らうめん青葉 . 2日目は、予定を変更して買い物メインに👜 . The sun蔵人なんて何年ぶりだろー(笑) 娘が産まれてから行ってなかった気がする(笑) . 予定外の乃が美は30分並んで買えた🍞 旭川ラーメン大好きなのに、青葉は初めて🍜🍥 . 他にも色々行ったけど、旭川はまだまだ行きたいところいっぱい😆 . 年内また行きたいなー🚙 . . . #さんくろうど #サン蔵人 #乃がみ #のがみ #乃が美はなれ #🍞 #乃がみの食パン #乃がみの生食パン #青葉ラーメン #旭川ラーメン #🍜 #🍜🍥 #女4人旅 #旅行 #旭川 #旭川旅行 . #長女 #女の子 #9歳 #3年生 #小学生 #小学3年生 #小学生女子 #女子 #娘 #JS #JS3

♡YK♡(@rinnemimi)がシェアした投稿 –

旭川の木材をふんだんに使った開放的な店内は、やさしくライトアップされた癒しの空間になっています。

近くには、旭山動物園もあるので、帰りに寄ってみてはいかがでしょうか?

「蔵生」だけじゃない!「ザ・さんくろうど」のお菓子が購入できるのは?

「ザ・さんくろうど」には、地元旭川の水と、自然豊かな土地で育った素材を使った「蔵〇」「豊穣蔵」「林檎の蔵」「蔵いちご」などの、蔵シリーズを中心に美味しいお菓子がたくさん並んでいます!

店舗は、旭川市に本店とダイイチ花咲店、ダイイチ東光店、駅前店の4店舗。

「蔵生」は道内の空港などの土産店、ショッピングセンターなどでも取り扱っています。

かつて、小さ目サイズの「蔵生・petit」のイチゴミルク味とハスカップ味、メロン味がありましたが、現在は本店などの一部店舗で、イチゴミルク味とメロン味のみ取り扱っています。

楽天市場で「蔵生」を買うならココからどうぞ!

<料金>

4枚入り 540円(税込)~

<賞味期限>

60日

【ザ・さんくろうど 本店】

<住所>

〒078-8318

北海道旭川市神楽岡8条1丁目(旭川ロマンティック街道入り口)

TEL/0166-66-3961 FAX/0166-66-3960

フリーダイヤル 0120-30-3961

<営業時間>

8:00~18:00(土・日は18:30)

※年中無休

<アクセス>

JR旭川駅より、車で8分

駐車場有

ザ・さんくろうどHP http://www.robakashitsukasa.co.jp/sunkuroudo/

オンラインショップ/ http://www.robakashitsukasa.co.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする