福井銘菓といえばこれ!金花堂はや川の「羽二重(はぶたえ)くるみ」

「羽二重くるみ」は羽二重餅をシュー生地でサンドした新食感和菓子

 

福井県の定番土産、『羽二重餅(はぶたえもち)』。

この投稿をInstagramで見る

K.K.E.S(@k.k.e.s)がシェアした投稿

もちもちとしたやわらかな食感の不思議な和菓子。

福井県には羽二重餅を取り扱う和菓子店が何軒もありますが、今回は、数ある和菓子店の中から金花堂はや川さんの『羽二重くるみ』をご紹介します。

「羽二重くるみ」とは、和くるみを練りこんだ羽二重餅をシュー生地でサンドしている、今までの羽二重餅とはちょっと変わったお菓子。

この投稿をInstagramで見る

よっぴ 福井 インスタ映え 頑張ろう福井グルメ 福いいネ(@tksysd_fukui)がシェアした投稿

2、3口で食べられる手軽なサイズでお土産にぴったりです。

シュー生地のしっとり感、羽二重餅のもちもち感、さらに胡桃のサクサク感、3つの食感を楽しめます。

また、程よい甘さで癖もないので、リピーターが多いのも納得の商品です。

 

そもそも福井発祥の「羽二重餅(はぶたえもち)」ってどんな食べ物?

 

福井県では定番の羽二重餅ですが、あまり身近なお菓子ではないと感じる人もいるのではないでしょうか。

羽二重餅とは、餅粉を蒸して砂糖・水飴を加えて練り上げた非常にやわらかな和菓子です。

福井県は羽二重織りという、やわらかくて光沢のある織物が盛んでした。

羽二重餅は、やわらかくて光沢がある為、羽二重織りがその名の由来となったようです。

もちもちとしたやわらかな食感で、色は半透明のものをよく見かけます。

この投稿をInstagramで見る

Nina/Munika(@nina.happylife)がシェアした投稿

薄くて非常に繊細な和菓子で、菓子用の楊枝でいただくのが一般的です。

プレーンが多いですが、抹茶や黄粉など、味のバリエーションも見かけるようになりました。

また、今回紹介している「羽二重くるみ」の他にも、どら焼きの中に羽二重餅が入っている商品など、羽二重餅を使った創作菓子もお土産として人気があります。

  

この投稿をInstagramで見る

@roromom2019.5がシェアした投稿

内閣総理大臣賞の受賞歴も!不動の看板商品「羽二重くるみ」

 

「羽二重くるみ」は金花堂はや川の看板商品。

この投稿をInstagramで見る

Yukari Utsumi(@ykr.utm)がシェアした投稿

お菓子のオリンピックといわれる全国菓子博覧会で内閣総理大臣賞を受賞したこともあります。

シュー生地と羽二重餅を重ねる工程は、ひとつひとつ手作業で行っているそう。

そんなこだわりのつまった「羽二重くるみ」を購入することができるのは、福井県内では2箇所のみ。

福井県勝山市にある「はや川大仏店」と、福井駅内にある「プリズム福井店」です。

また、オンラインでも購入可能です!

賞味期限は発送日から5日と短めなので注意が必要です。

しっとりもちもち♪他では味わえない「羽二重くるみ」の魅力

 

一般的な羽二重餅をアレンジして生まれた新感覚和菓子「羽二重くるみ」。

美しい焼き色のついたシュー生地に、半透明で絹のようにやわらかな羽二重餅がサンドされています。まさに、和のミルフィーユ。

羽二重餅には甘く煮詰められた和くるみが練りこまれていて、良いアクセントになっています。

この投稿をInstagramで見る

チョピン(@chopinfantaisieimpromptu)がシェアした投稿

程よい甘さ、絶妙なサイズ、楽しめる食感と、魅力がたっぷり詰まった和菓子です。

一度、「羽二重くるみ」をお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

 ⇒「羽二重くるみ」を楽天市場にてお求めになりたい方はこちら

<住所>

金花堂はや川 大仏店

住所:〒911-0803

福井県勝山市旭町一丁目 400-2

TEL: 0779-88-4744

他 福井駅内に1店舗

<営業時間>

9:00~18:30

定休日:毎週火曜日 (年末年始は変更あり)

<駐車場>

<料金>

羽二重くるみ 1個   110円(税込)

羽二重くるみ 6個入り 660円(税込) 他、10個入り、30個入りなども有り

【作者紹介】この記事を書いたのは「ワタシ」です♪

名前:Mimi

食べることが好きな30代のママライターです。

趣味は、お取り寄せグルメと読書。

子供が寝た後に、お取り寄せしたスイーツを食べながら読書をするのが日課です。

物産展も大好きで、特に、北海道物産展にはほぼ毎回足を運んでいます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする