金沢でしか味わえない!?特別な甘納豆とは…?

“甘納豆 かわむら”とは?

甘納豆 かわむら”は、2001年に石川県金沢市にある“にし茶屋街”で、手作りの甘納豆を販売しているお店です!

閑静な街並みにひっそりと佇むお店は、和モダンで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

創業当初は、芸妓さんから常連のお客様へ渡す「茶屋街のおもたせ」として販売されていました。

そこから、次第に大切な人への贈り物として利用されるようになりました。

“甘納豆 かわむら”で販売されている甘納豆は、誰にも真似できない独自の製法で、1粒ずつ丁寧に作り出しているそうです♪

甘納豆への“こだわり”

甘納豆 かわむら”で作られている甘納豆は、漂白剤や着色料・保存料は不使用!

最高の素材となる豆を探し出し、その魅力を最大限に引き出すために、職人たちが手間ひまを惜しむことなく時間をかけて作られているため、使用する必要がないそうです。

また、材料選びにもこだわっており、風味の良い豆と個性のある素材を、誠実な農家さんから仕入れることに力を入れています!

さらに、機会を使用しないで羽釜で水炊きしており、6時間かけて職人が豆の動きを見ながら火加減を調節しています。

豆と砂糖だけで作られる甘納豆は、誤魔化しが効かず、職人の技量が製品へ如実に現れてしまう菓子だそうです!

甘納豆は全部で19種類♪

☆定番商品

・大納言甘納豆 ・白花美人 ・大正金時

・とら豆 ・紫花豆 ・うずら豆 ・青えんどう

・雪てぼう豆 ・ひよこ豆 ・オーガニックひよこ豆

・お多福豆 ・丹波黒豆 ・春大納言

この投稿をInstagramで見る

天使の笑顔(@angel_dog.rabbit)がシェアした投稿

☆石川県産の豆

・能登大納言 ・七尾の河内豆 ・金沢だいず

・大浜だいず ・大浜の緑豆 ・大浜の黒豆

公式ホームページには甘納豆の写真と共に保存方法や賞味期限だけでなく、産地や原材料、美味しい食べ方など記載されています!

また、商品説明も1粒ずつ丁寧に記載してあるので、自分の好みに合った甘納豆を選べること間違い無し♪

金沢市野町 にし茶屋街だけの限定販売!

甘納豆 かわむら”の商品は、石川県内外ともに駅や空港・デパートでは販売されておらず、“金沢市野町 にし茶屋街”にある店舗でのみ販売されています!

この投稿をInstagramで見る

YU-U(@nyan22u22nyan)がシェアした投稿

本店に併設されているカフェでは、“甘納豆 かわむら”で販売されている手作りの甘納豆を使用したデザートを味わうことができます!

看板商品の「賞味期限6分!新感覚モナカ」だけでなく、豆の栄養をたっぷり含んだ健康的なシロップを使用した「まめみつトニックソーダ」や「まめみつ氷」など…。

オリジナリティに溢れた美味しいデザートが取り揃えられています!

どれも“味良し!見た目良し!”なデザートばかりなので、皆さんも訪れてみてはどうでしょうか?

この投稿をInstagramで見る

yuka(@yukachin628)がシェアした投稿

《店舗情報》

①甘納豆 かわむら

・住所:〒921-8031 石川県金沢市野町2丁目24-7にし検番前(無料駐車場あり)

・営業時間:午前9時30分〜午後6時迄(日祝 〜午後5時迄)

・定休日:12月31日〜1月3日、第一火曜日(12月と1月は営業しております)

・TEL:076(282)7000

②name ノマノマ

・住所:〒921-8031 石川県金沢市野町2丁目24-7 甘納豆かわむら左手(無料駐車場あり)

・営業時間:午前9時〜午後4時30分迄(ラストオーダー 16時30分)

・定休日:12月31日〜1月4日、第一火曜日(12月と1月は営業しております)

・TEL:076(282)7000

《料金(税込)》

・甘納豆 各種(80g)… 324円

《オフィシャル》

https://mame-kawamura.com

《作者紹介》この記事を書いたのはワタシです♪

名前:RaMu

石川県在住でフリーランスのWebライターです!

現在はライター業だけでなく、文字起こしやリライトなど幅広く活動しています。

1歳の娘と一緒に、歌って踊りながらNiziUを見るのが「至福の時」です!

趣味は、“日本だけでなく世界各地から”お菓子を取り寄せて食べること♪(笑)

記事で紹介しているお菓子は全て実食済み!

どれも美味しいので、皆さんも食べてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする