長野県の欧風せんべい「雷鳥の里」は皆から長年愛されるお菓子!

「雷鳥の里本舗」の「雷鳥の里」とは?

長野県で有名なお土産と言えば、「雷鳥の里本舗」が出している「雷鳥の里」です!

45年続いているベストセラーの銘菓です。

この投稿をInstagramで見る

@aya.ppoがシェアした投稿

「雷鳥の里本舗」さんは、このお菓子を「欧風せんべいにクリームをサンドした」、と紹介しています。

確かに、クッキーの香りがするけどクッキーではなく。

おせんべいのような固さの「欧風せんべい」がクリームを挟み、何度も食べたくなる素朴で上品な甘さのお菓子になっています。

私は、今まで何度も長野にいっていますが毎回「雷鳥の里」を買って帰っています!

お土産用だけでなく、自分の為にも買っています。

「なんかお菓子食べたいな~」と思ったときに、思わず手に取ってしまうお菓子です。

「雷鳥の里 」は定番土産だけど喜ばれる!

味はもちろんですが、大きさも丁度よく、個包装されていて配りやすいですし、お土産におすすめです!

1つ1つ金色の針金(ビニールタイという?) でとめられていて上品な印象があり、私は安心して大勢に配れるお菓子だと思っています。

個包装は1つ1つ丁寧にお店の方が包んでおり、「ひと手間かけて、作り手の思いを伝えたい」という思いがあるようです。

この投稿をInstagramで見る

りんさん(@yumi.map)がシェアした投稿

個包装されているパッケージにもちゃんと雷鳥の里と書かれているのも良いポイントの1つです!

有名なお菓子なので、長野県のお土産だ!と分かる人も多そうです!

「雷鳥の里 」のライチョウとは

ところで「雷鳥の里」のライチョウはどんな鳥かご存知でしょうか?

もちろん、パッケージ通りの鳥なのですが(笑)。

私は何度も長野に行き「雷鳥の里」を食べていますが、まだライチョウを見た事はありません。

ライチョウは長野県の県鳥で、残念ながら今は、絶滅危惧種に指定されています。

登山者のごみ放置により、キツネやカラスなどが高山帯に来てしまいライチョウの数が減っているようです。

長野県に沢山いるものだと勝手に私は思っていたので色々知るきっかけになりました。

お土産を買ったり、貰ったりするとその土地の名物を知る機会にもなりますし、やっぱり銘菓は良いものだなと改めて思いました(笑)。

話がずれてしまいましたが、「雷鳥の里」は、万人受けするお菓子です。

是非買ってみて下さい!

★店舗情報

「雷鳥の里」は「雷鳥の里本舗」のHPにもありますが、車だと長野県のサービスエリア、JRだと長野県内主要駅のキオスクなどにも売っています!

今はコロナ感染拡大防止のため、新幹線のキオスクは休業している場合があります。

以下は私が購入したところの情報です。

≪店名≫
NewDays 長野

≪アクセス≫
長野駅 2F 改札外・新幹線改札脇

≪TEL≫
026-269-7955

≪営業時間≫
5:45~22:00
平日・土日ともに営業中

≪駐車場≫
長野駅周辺のパーキングをご利用下さい。

≪料金≫
雷鳥の里 9個入り 594円(税込)
雷鳥の里 16個入り 929円(税込)
雷鳥の里 25個入り 1,404円(税込)
雷鳥の里 42個入り 2,592円(税込)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする