成田山不動尊前・菓匠「香月(こうげつ)」の名物餅パイ!

菓匠「香月」の名物”餅パイ”ってどんなもので、どんな味なの?

大阪府寝屋川市にある菓匠香月(かつき)』の餅パイは、テレビでも何度か紹介されたこともあるので、ご存知の方も多いことでしょう。

一度食べたらやみつきになるほどの美味しさで、リピーターも沢山いらっしゃいます。

お店の場所もとても覚えやすく、成田山不動尊前なのでおまいりの後に寄って帰られるお客さんも多いですよ。

和と洋のハーモニーがたまらない!新しい感覚の餅パイ!

初めて餅パイをお土産にいただいた時の感想は(まだ食べる前)、「パイにあんこってあり?」と正直思ってしまいました。

話題だから食べてみてということで、実際口に運んでみると、「何これ!!むちゃくちゃ美味しいやん!」一緒に食べたみんなからも同じ言葉が次々にでてきたほどです。

見た目はまさにパイです。上に黒ごまとザラメがパラパラとかけられていて、見た目では全く味の想像はつきませんでした。

一口ぱくり、中に粒餡と、パイ生地についた餅が存在を表し始めます。

外側のサクッとした食感のパイ生地、主張し過ぎない甘さの餡、柔らかな餅が合わさって、あっという間に1個食べ終えてしまいます。

はたして和菓子なのか、洋菓子なのかと考えましたが、和と洋がうまく組み合わされた新しい感覚のお菓子ですね。

1日1,000個限定!売り切れる前にゲットしよう!

ところで名物餅パイは、1日1,000個限定の品なんです!

関西では餅パイを購入するために遠方から来られる方もいるほどの人気があります。

早ければ午前中に売り切れてしまうほどです。

外のパイ生地は北海道産のバターを使用し、1枚ずつ丁寧に焼かれ、これが144層重なっています。

この投稿をInstagramで見る

成田山の大阪別院の前にある香月さん ここのいちご大福が好き🍓 ついでに定番の豆大福と餅パイも✨✨ どれも美味しい😋🍴💕 #菓匠香月 #大阪府寝屋川市 #ダンボー

なぎさん(@nagi230223)がシェアした投稿 –

中の羽二重餅、そして粒餡も全てお店の手作りによるもので、1つ1つを職人さんが手作りされているのです。

特に、お店のこだわりと自慢は「餡」にありました。

北海道の襟裳小豆を色合いが良くなる鉄釜を使用してゆでます。

これが難しいもので、小豆の収穫時期、状態を見極め、それに合わせて気温・水温・湿度を計算にいれるのです。

丁寧にアクをとり、豆のやわらかさも確かめ、まさに長年の勘と技に頼るしかありません。

加える甘さは、白双糖が使用されています。

美味しい餅パイができるまでには、数多くの工程があったんですね!

餅パイは1個194円で販売されていて、1つずつに「餅パイ」と赤い字で書かれた白い紙にくるまれています。

このままの姿で、5~6本だと専用の箱に入れてもらえますのでお土産にも最適ですよ!1~4本でもパックに入れてもらえますので、持ち帰りに心配することはありません。

これだけ美味しいと友達や親戚にも送ってあげたいのですが…和菓子は作ったその日が一番美味しい!と発送は無いそうですので、大阪に来た時のお楽しみに。

四季折々、まだまだオススメたくさんあります!

餅パイも美味しいのですが、他にもおすすめ和菓子がたくさんあります。

人気があるのが、カステラ。あれっ?これは洋菓子のような気もしますが…

あと、豆大福、草餅、おはぎ、春限定のいちご大福などなど、香月には人気の和菓子がたくさんあります。

餅パイのような和洋折衷のお菓子を、考案中のようですよ!

次はどんなお菓子が食べられるのか楽しみに待ちます!

菓匠「香月・成田店」へのアクセス方法

《住所》

〒572-0004 大阪府寝屋川市成田町22-2

TEL  072-835-3951

《営業時間》

・8:30~19:00

定休日 月曜日

《駐車場》

・有り

《アクセス》

・京阪電車「香里園」駅から京阪バス「成田山不動尊前」下車すぐです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする