日本有数の観光地、浅草の「梅園」で食べるならやっぱり「豆かん」

「梅園」(うめぞの)にある銘菓の中で一番のオススメは「豆かん」です。

日本有数の観光地、浅草にある浅草寺へ向かう仲見世通りから、1本路地に入った所に、老舗の和菓子店「梅園」(うめぞの)が営む喫茶店があります。

「梅園」は安政元年(1854年)に、浅草寺の別院である梅の木が沢山植わる梅園院(ばいおんいん)の一隅に開かれた茶屋。

今年で創業164年を迎えた「梅園」には、東京名物として名高い「あわぜんざい」をはじめ、数々の美味しいお菓子がありますが、私が一番オススメするのは、やっぱり「豆かん」です。

天草を丁寧に煮出し作られた寒天に、ふっくらと炊き上げられた赤えんどう豆がバランスよく散りばめられています。

蜜は黒蜜と白蜜から選べるのですが、私がオススメするのは黒蜜。

このこっくりとした味わいの黒蜜と、炊き上げる時に使われる塩気を含んだ赤えんどう豆のお味が、絶妙にマッチしていて、何回も食べたくなってしまう一品なんです。

ただ「豆かん」は、「梅園」の喫茶店でいただくか、喫茶店の店頭でのお土産用、デパートなどに入っている直営店での販売のみとなります。

でも浅草にある喫茶店のほか、東京スカイツリーをはじめ都内に数店舗、神奈川県、千葉県、埼玉県のデパートなどにも、浅草の店舗と同じスタイルで、甘味と食事が楽しめる店舗を出店しています。

是非、一度は「梅園」の「豆かん」を食べてみて下さいね。

あなたの五感を刺激する食べ物に負けず、是非「梅園」の喫茶店へ

「梅園」に向かうまでの道のりには、あなたの五感を刺激する食べ物がいっぱいあります。

雷門をくぐる前には、雷おこしの作り方を実演し、出来立てを試食させてくれるお店があります。

このお店からただよってくる香ばしく甘い香りは、「梅園」に向かう私の足を止めてしまうものです。

また「梅園」と同じように、仲見世通りから一本路地に入ったところには、老舗の天ぷら屋さんが営む、天丼の専門店もあります。

天ぷらの種となる食材のほとんどが、東京湾、つまり江戸前で捕れたイキのいいものばかりです。

このお店からは天ぷらを揚げる時に使われる、ゴマ油の香りが鼻をくすぐるだけでなく食欲もそそります。

他にも、あなたの五感を刺激する美味しい食べ物を扱うお店が、仲見世通り周辺には所狭しと建ち並んでいるので、「梅園」へ向かうあなたの足を止めてしまうかもしれません。

でもやっぱり私がオススメするのは、「梅園」の喫茶店での食事。

この投稿をInstagramで見る

#japanesesweets #甘味 #japanesefood #和菓子 #和食 #梅園 #浅草 #梅園雑煮 #あんみつ #20190918

pantagruel.3さん(@pantagruel.3)がシェアした投稿 –

「豆かん」以外にも、同じように寒天を使ったあんみつ、もちもちの食感がたまらない白玉がのる白玉あんみつもあります。

またブームが冷めやらない抹茶を使った、抹茶あんみつなども「梅園」で人気が高いメニューです。

この投稿をInstagramで見る

* [2019.09] * やっぱり好き😋😋😋 . 涼しくなってきたし、 あんみつはラストかなぁ😆 . . パンケーキ食べたくて 母を誘いましたが 反応なし😣💦 . . *▷◁・▷◁* #あんみつ#クリームあんみつ #抹茶あんみつ #抹茶クリームあんみつ #抹茶 #mattya #mattyacreamanmitsu #浅草 #asakusa #Tokyo #梅園 #浅草梅園 #anmitsu #creamanmitsu

62l⑅◡̈*.さん(@es2cucula)がシェアした投稿 –

甘い物が苦手なあなたには、関東ならではの濃い口しょうゆとカツオブシが効いたつゆで楽しむ、茶そば。

またもち米100%で作られた伸びのいいお餅が入る、梅園ぞうになども人気がある一品です。

喫茶店の店先にはお土産用の「豆かん」はもちろん、大福、どら焼き、きんつばなどの和菓子も販売しているので、浅草を訪れた思い出とともに買って帰るのもオススメします。

「梅園」の店員さんの心遣いに感動!!

浅草にある喫茶店はもちろん、「豆かん」を食べることが出来る店舗へ出掛けるのも難しくなった私は、無理を承知で、どうにか「豆かん」を送ってもらえないかと電話をしてみました。

やはり電話に出てくれた店員さんからは、「豆かんの発送は出来ないんです」との言葉を聞かされました。

でも数日が経ったある日、自宅の電話にメッセージが入っていたのです。

そのメッセージには、聞き覚えのある声が入っていました。

その聞き覚えがある声の主とは、先日「梅園」に電話をかけた時に、「豆かん」のことで対応してくれた店員さんでした。

メッセージに入っていた内容は、「梅園」が開催する地方のデパートでの催事のスケジュール。

正直、私が住んでいる街からは少し離れた場所にあるデパートでした。

でも東京に出掛けて来るよりは、少しでも私の自宅から近い場所で「豆かん」が買えるならと、こころづかいをしてくださったのだと思います。

今までお店に電話をし、商品の発送のことで尋ねた時、こんな風に対応をしてくれたお店は初めてです。

この優しい心遣いは、いつまでも私の記憶に残ることでしょう。

地方の催事だけでなくオンラインショップでも「梅園」の味を

「梅園」では先ほどもお話したように、地方のデパートの催事などでも、お店のお菓子を販売しています。

こういった催事の時であれば、日持ちの浅い「豆かん」のほか、あんみつなどのお菓子も並ぶことがあるでしょう。

でも催事が開かれるのは、限られたデパート、数日間の限られた日だけですよね。

この機会に出掛けられない方も、多いことでしょう。

そんなあなたには、「豆かん」やあんみつなどの日持ちが浅いお菓子を買うことは出来ないのですが、どら焼き、羊羹(ようかん)などの日持ちがするお菓子の販売をするオンラインショップをオススメします。

オンラインショップの中でも人気なのは、可愛らしい一口サイズのどら焼き「子とら詰め合わせ」(価格 1296円 税込)。

どら焼きのお味は、定番の粒あんを挟んだ「ミニどら焼き」、栗きんとんの中に栗粒がたっぷり入り、皮に黒糖を練り込んだ「ミニ栗どら焼き」です。

「梅園」のお菓子は美味しいものばかりなので、オンラインショップも活用してみて下さいね。

この投稿をInstagramで見る

* こないだ浅草行ったときに 食べた甘味たち😋💕 * ひとりで梅園行って 大好きな粟ぜんざいを食べたあと、 友達と合流して 彩夏のイチゴかき氷食べた(♡˙︶˙♡) * 粟ぜんざいは 粟のモチモチ感と こしあんの甘さが最高だし、 イチゴかき氷は 甘すぎずサッパリしてて 果肉もたっぷりだし、 どっちも美味しかった😋💕 * 友達オススメのパンケーキ屋さんは 予約で満席だったので、 今度リベンジしてきますっ!! * #浅草 #甘味 #梅園 #粟ぜんざい #彩夏 #かき氷 #いちご #もちもち #こしあん #さっぱり #たっぷり #スイーツ #おいしかった #asakusa #sweets #umezono #awa #zenzai #saika #strawberry #kakigori #delicious #happy

松川 あおいさん(@aoi_mtkw)がシェアした投稿 –

所在地

・「梅園」本店

〒111-0032 東京都台東区浅草1-31-12

電話番号

03-3841-7580

価格(税込)

・「豆かん」/価格 540円(税込)

営業時間

10:00~18:00

※定休日は不定期のため、以下のURLにて確認することをオススメします。

特に年末年始は、営業時間帯が通常と異なるので、お出掛けの際はご注意ください。

「梅園」ホームページURL

http://www.asakusa-umezono.co.jp/s

駐車場

・なし

アクセス

・東京メトロ銀座線浅草駅下車

6番口より徒歩2分

ネット販売

・オンラインショップURL

https://www.umezono.asia/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする