名古屋の伝統の和菓子屋「両口屋是清」の一番人気のお土産『銘菓詰合』をご紹介します

名古屋で愛される「両口屋是清」は創業380年の伝統ある和菓子屋です

両口屋是清」が誕生したのは寛永十一年(1634年)。

尾張藩の御用菓子所となり、その後は尾張藩二代目藩主徳川光友から「御菓子所 両口屋是清」の表看板を賜りました。

この投稿をInstagramで見る

古い古い歴史の和菓子屋 先祖の血筋が実はこんなとこに #両口屋是清 #老舗 #名古屋 #銘菓

大井良介(@ryosuke_1102)がシェアした投稿 –

地元愛知では、皆に「両口屋」と呼ばれて親しまれています。

「両口屋是清」の和菓子は、地元では冠婚葬祭によく用いられており、誰もが知っていて誰もが貰って喜ぶ、上品な和菓子として愛されています。

『銘菓詰合』無くして両口屋是清は語れない!両口屋の一番人気です

両口屋是清といえば『銘菓詰合』。

両口屋を代表する3種類のお菓子「よも山」「志なの路」「旅まくら」が箱の中に詰められています。

入っている個数違いだけで、この『銘菓詰合』は9種類もあり、いかに人気商品なのかがわかります。

よも山

角の丸い五角形で山のような形にみえます。

薄い皮に上品な餡がぎっしり詰まっており、北海道産小豆を使用した、両口屋是清の自慢の餡の美味しさをしっかり堪能できる和菓子です。

また季節ごとに焼印が変わり、四方山(よも山)の四季折々の風情が表現されています。

志なの路(しなのじ)
一口サイズのお菓子です。

信濃の雪を表現するために、玉子皮のお菓子の上には砂糖引きが施されています。

こしあんがとても上品で、玉子皮のふんわり優しい味わいが人気です。

旅まくら
昭和25年の愛知国体に昭和天皇・皇后がお越しになる際、両陛下の旅のつれづれをお慰めするお菓子を作るよう命を受けた両口屋是清。

茶道具の花入れ、旅枕からヒントを得て誕生したのが「旅まくら」です。

このお菓子に両陛下はとてもお喜びになったそう。

薄皮の中にはこしあん、上にはゴマが施された香ばしい一品です。

『銘菓詰合』は賞味期限が長めで個包装なのもお土産として魅力です

銘菓詰合がお土産として好まれる理由の一つに、賞味期限が長めであることが挙げられます。

3種類のお菓子とも、16~19日間(季節による)と日持ちがするためお土産に購入しやすいのも魅力です。

また個包装されており、ばらまき土産にもぴったり。

名古屋名物『銘菓詰合』をどうぞ気軽に楽しんでください。

「両口屋是清」は全国に約110店舗。名古屋の味がお近くのお店で買えます

両口屋是清は現在、北海道を除く各エリアに店舗があります。

今回ご紹介した『銘菓詰合』以外にも、どら焼きの一種の「千なり」、干菓子の「二人静」、羊羹の棹菓子「をちこち」など美味しい和菓子がいろいろありますので、名古屋の老舗の味を是非味わってみてくださいね。

「両口屋是清(りょうぐちやこれきよ)」~まとめ~

両口屋是清のお菓子は店舗以外にも、「両口屋是清オンラインストア」や「高島屋オンラインストア」「大丸松坂屋オンラインストア」などでも購入可能です。

最後に本店の情報をお伝えします。

両口屋是清 本町店

住所

名古屋市中区丸の内3-14-23
TEL:052-962-7011

営業時間

9:00~18:00
※定休日 毎週日曜日

アクセス

・最寄り駅…名古屋市営地下鉄鶴舞線「丸の内駅」4番出口から約徒歩3分(270m)

オフィシャル

https://www.ryoguchiya-korekiyo.co.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする