倉敷銘菓「むらすずめ」は「橘香堂」が元祖、明治から続く味をぜひお土産に

元祖ならではの味、「橘香堂」の「むらすずめ」は倉敷土産の定番

岡山県倉敷市の銘菓として生まれた「むらすずめ」。

現在、倉敷市をはじめ、岡山市などにある菓子メーカー数社が販売するお菓子となっています。

その元祖であるのが、「橘香堂(きっこうどう)」の「むらすずめ」です。

※写真提供元⇒https://kikkodo.com/

橘香堂」は明治10年に創業した、和菓子を中心として販売する菓子メーカー。

むらすずめ」が誕生したのも、ちょうどこの年でした。

お店の創業当時の和菓子と言えば、お餅であんこを包んだもの、練り切りなどがほとんど。

その中で、あんこをくるむための外皮の材料に、お餅でなく、小麦粉を材料に使って作られたお菓子はとても珍しかったそうです。

そんな銘菓「むらすずめ」の生地の特徴は、クレープ生地よりもコクがあり、ずっしりとした印象が強いどら焼きの皮よりも軽さを感じるもの。

中に入る餡は、丁寧に炊き上げられて、コクがありつつもさっぱりといただける粒状のあんこです。

こういった特徴をもつ「むらすずめ」は、甘い物が苦手な方でも食べやすく、甘い物がお好きな方であれば、軽く2~3個は食べられてしまうかも。

そしてお土産にオススメする理由ですが、味はもちろん、移動中に型崩れせずに持ち運べること。

また常温で、製造日から14日間程度も日持ちしてくれることが上げられます。

是非、倉敷にお越しの際は、「橘香堂」の「むらすずめ」をお土産に選んで欲しいと思います。

大人も子供も職人気分、自分で焼いた「むらすずめ」の味は格別!!

岡山県倉敷市にある「美観地区」は、全国的にも有名な観光スポット。

よく旅番組などで、「美観地区」が紹介されると、必ずといっていいほど、白壁に彩られた町並みとともに、中心部を流れる「倉敷川」の映像が映し出されますよね。

あなたも1度は、テレビなどで見かけたことがありませんか?

この投稿をInstagramで見る

岡山観光2️⃣3️⃣ 「倉敷」② 「倉敷美観地区」❶ 「むらすずめ」 いつ来ても…… ここ美観地区は…癒されます🤗 また、必ず……お土産に、 「むらすずめ」を…買ってしまいます🤗 2019.10.26 #倉敷 #倉敷美観地区 #倉敷美観地区散策 #倉敷美観地区散歩 #倉敷美観地区観光 #むらすずめ #まえちゃんず岡山 #まえちゃんず倉敷 #まえちゃんず倉敷美観地区 #まえちゃんずむらすずめ #Triproud

まえちゃんず(@maechans00)がシェアした投稿 –

橘香堂」(美観地区店)は、その「倉敷川」沿いにある店舗です。

お店の近くには、「モネ」の「水蓮」をはじめ、数多くの貴重な美術品が所蔵されている「大原美術館」もあります。

そんな周囲にも見どころが沢山ある場所に立地している、「橘香堂」(美観地区店)には、他の店舗にはない、ここでしか体験出来ないサービスがあります。

それはむらすずめ」の手焼き体験です。

この投稿をInstagramで見る

自分たちで焼いた出来立て、とっても美味しかったみたい。お友達は妹達に分けてあげていて優しいなぁと思ったけど、娘は渋々一つくれました😅 #岡山 #岡山一泊旅行 #倉敷 #倉敷美観地区 #むらすずめ手作り体験 #むらすずめ #大阪生活 #okayama #kirashiki #bikanhistricalquarter #localfood #friend #happyday #travelaroundjapan

yuyuarm(@yuyuarm)がシェアした投稿 –

手焼き体験ができる時間帯は、朝の9:00から16:00までです。

体験コースは、通常サイズを3個焼くことの出来る、料金が600円(税込)のコース。

そして通常サイズの約7倍もある「ジャンボむらすずめ」が焼ける、料金1,200円(税込)の2コースがあります。

このサービスは予約制ではなく、お店に来ていただいた順番で体験が出来るものとなっています。

混み具合によっては、体験出来るまでに時間がかかる場合があります。

また材料を店舗と別の場所から運んで来るため、当日の交通事情によっては、体験時間のスタートが9:00を過ぎてしまうことも。

そして終了となる時間帯も、16:00となってはいますが、こちらも混雑の状況によっては体験出来ずに終了してしまう可能性もあります。

こういった事情があるので、時間には余裕を持ってお出掛けすることをオススメします。

焼き上がった「むらすずめ」は、店内にある甘味処でいただくことも出来ます。

なにより、自分で焼いた「むらすずめ」の味は格別。

大人も子供も職人気分となって、普段は食べられない焼き立てホカホカの「むらすずめ」を食べてみて下さいね。

もう1つの銘菓、「橘香堂」の「栗まん」もお土産にオススメ

橘香堂」には、私がオススメしたいお菓子があります。

それは「栗まん」です。

一般的には、栗が練り込まれた白あんがたっぷり入っていることが多いですよね。

でも「橘香堂」の「栗まん」は、とても特別感を感じるお菓子なんです。

その理由は、「橘香堂」の「栗まん」の中に入った栗の大きさにあります。

私がはじめてこのお菓子を食べた時、口に含んだ瞬間、今まで食べた栗饅頭と比べて、明らかに違った感覚がありました。

普段食べていた栗饅頭なら、ペースト状になった滑らかなあんこの感覚が舌に伝わって来るところ。

でも「橘香堂」の「栗まん」を食べた時には、中に入った餡を感じる前に、栗のゴロっとした感覚を先に感じたんです。

この感覚に驚いた私は、「栗まん」の断面がどうなっているのか知りたくなってしまい、食べる前に切ってみました。

すると薄い皮にくるまれたお饅頭の中に入っているものが明らかに。

そこには大きな栗が、あんこをまとっているような状態になっていたのです。

このお饅頭は1年を通して販売しています。

栗好きはもちろん、いつもと違った栗饅頭を試してみたい方にも、オススメしたい商品ですよ。

倉敷銘菓「むらすずめ」は「橘香堂」が元祖、明治から続く味をぜひお土産に(まとめ)

橘香堂」の「むらすずめ」と「栗まん」は、残念ながら岡山県内でしか販売されていません。

ですがインターネットからの購入、通信販売でも買うことが出来る商品です。

また、各地域への移動に便利な交通の要所である岡山駅でも販売しています。山陽新幹線なども停車する駅ですので、比較的手に入りやすいお菓子となっています。

また元祖「むらすずめ」を販売する「橘香堂」以外の「むらすずめ」。

他のお菓子メーカーの表記が違う「むらすずめ」が数多く販売されていますが、元祖である「橘香堂」の「むらすずめ」と一緒に購入して、食べ比べをしてみるのも楽しいかもしれませんね。

この投稿をInstagramで見る

倉敷美観地区へ。 #倉敷 #美観地区 #観光 #大原美術館 #デニム #むらすずめ

Sumiharu Koide(@koide_21)がシェアした投稿 –

《所在地》
〒710-0055
岡山県倉敷市阿智2-22-13

電話番号
086-422-9217

《価格(税込)》

「むらすずめ」(1個)
140円(税込)

「むらすずめ」(8個入)
1,300円(税込)

「栗まん」(1個入)
180円(税込)

「栗まん」(8個入)
1,600円(税込)

《営業時間》

9:00~18:00

※定休日
年中無休ですが、元日はお休みとなります。

《駐車場》

なし

※倉敷駅周辺のコインパーキング、または市営の駐車場などがありますので、そちらをご利用下さい。

《アクセス》

JR山陽本線「倉敷駅」南口を出て徒歩10分。

《ネット販売・通販》

オンラインショップ
「橘香堂」ホームページURL
https://kikkodo.com/

※上記のURLにアクセスすると、インターネットでの購入用画面があり、「むらすずめ」の他にも「橘香堂」さんのお菓子が購入できます。

通信販売

電話番号
「橘香堂」(本店)
086-422-5585

営業時間
9:00~19:00

※オンラインショップ、通信販売について詳しい情報をお知りになりたい方は、「橘香堂」(本店)までお問い合わせ下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする