秩父の和菓子処の一押しのお菓子はお店と同名の「栗助」

「栗助」ってどんなお店?本店はどこにあるの?

和菓子処「栗助」の本店は埼玉県の秩父市にあり、国道140号線沿いに立地しています。

こちらの栗助のお菓子は秩父の旅のお土産として定番といわれているほど有名なお店です。

店頭に並ぶお菓子の数々は本店の直営工場で心をこめて1つずつ作られています。

本店の近くには銭神様を祭る聖神社もあり、車で3分、徒歩ならば18分で着く距離にあります。

聖神社は日本最初の貨幣である和同開珎の銅が採掘された神社で、宝くじやお財布供養などを行っています。

本店の近くにあるので、こちらの聖神社へ足をのばしてみるのも良いかもしれませんね。

さらに、栗助ではご利益グッズも販売しています。

栗助の店舗には車で訪れる人のために駐車場も30台あります。

本店のほかに、長瀞(ながとろ)店地場産センター店があります。

和菓子部門お取り寄せ人気ランキング一位の「栗助」がおすすめ

こちらのお店で一番のおすすめのお菓子はその名も店舗名と同じ「栗助」です。

お取り寄せ部門で人気一位であり、実店舗でも最も売れているお菓子です。

こちらのお菓子にはなんと栗が一粒丸々入っています!

そして、大きな栗を自家製の白餡とバターの練りこまれた生地で包み込んであります。

こちらの栗助、私も食べたことがありますが、栗が一粒丸々入っていることもあり、食べ応え抜群です。

餡のほんのりとした甘みと生地のしっとりとした食感を味わうことができます。

白餡は練乳入りのミルク餡で甘さ控えめながらもバターたっぷりの生地と相性抜群です!

さらにこの栗助はお茶との相性も大切に考えて作られています。

日常の中でホッと一息つくのにお茶の存在は欠かせません。

栗助を一口食べてお茶を飲み、ホッとしたひとときを過ごせるなんて幸せですね。

きっとお土産としてプレゼントすれば喜んでくれること間違いなしですよ!

秩父カエデ糖を使った「すのうぼうる」もおすすめ!

こちらお店でもう一点おすすめしたいお菓子があります。

それが、秩父の山でとれた国選メープルシロップである「秩父カエデ糖」を使ったお菓子、すのうぼうるです。

この投稿をInstagramで見る

秩父へ行ったお土産にいただいた、 すのうぼうる カエデ糖を使っているのが珍しい! サクホロのスノーボールでした🍴 #秩父 #埼玉 #お土産 #すのうぼうる #カエデ糖

パンケーキニストしろこ(@pancakenist_shiroko)がシェアした投稿 –

このすのうぼうるは、まさに秩父の森から生まれたクッキーと言って良いでしょう。

モンドセレクション金賞も3年連続で受賞しているお菓子なんですよ!

このお菓子で使われているカエデ糖は国産のメープルシロップとして大変珍しがられており、とても人気があります。

さらに、ポリフェノールが多く含まれ、はちみつよりも栄養価が高いともいわれています。

名前の通り雪のように「ほろっ」としたくちどけを味わうことができ、口に甘さが広がります。

「栗助」には他にもお菓子がたくさん!ネットショップもあります

今回ご紹介した以外にも、サツマイモをたっぷりと使った「ほっくり芋」や栗の入った「栗どら焼き」、栗と餡をパイ生地でつつんだ「まつりばやし」などおいしそうなお菓子がたくさんあります。

他にもお菓子の詰め合わせも販売しているので、贈り物にもおすすめですよ。

ネットショップも利用できるので、遠方の人で店頭に行くのが難しい場合はこちらを利用してみてください。

【秩父菓子処 栗助本店】

住所
・本店:〒368-0001 埼玉県秩父市黒谷822-1
TEL:0494-25-2411

価格(税込み)
栗助 5個入り :725円
すのうぼうる 8粒入り :380円

アクセス
・秩父鉄道「和銅黒谷駅」下車。徒歩約15分

営業期間
・9:30-18:00 (入館受付 9:45-17:00)

駐車場
・有 30台分

オフィシャル
http://www.kurisuke.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする