南紀白浜・紀州銘菓”福菱”の看板商品と言えば『かげろう』

お店の名前よりも、お菓子の名前のほうが有名なかげろう!

紀州白浜温泉の有名なお菓子が「かげろう」です。

お土産に「かげろう」を頂いたら白浜に行ってきたのが分かるほど知られています。

かげろうは知っててもお店の名前は知らないという人が実は多いんです。

かげろうを売っているお店は、「福菱」さんといって昭和8年創業の歴史あるお店です。

なんと、かげろうは1日4万個の売上があるのだとか!

外はサクッとしてて、中はフワッとした食感で2口ほどでペロリと食べてしまいます。

中のバタークリームがでしゃばらない甘さでいくつでも食べてしまうほど止まりません。

かげろうの名前はそんな食感が 浜辺にただよう陽炎のような儚さのイメージににているからだといわれます。そんな奥深い由来があるようです。

かげろうは沢山の受賞歴を持つお菓子ですが、こんな話もあります。

和歌山県で”くろしお国体”が行われた時、当時の昭和天皇皇后両陛下と皇太子美智子両殿下がお越しになられました。その際にかげろうを御献したところ「お菓子の誉」を頂いたそうです。

どれだけ美味しいお菓子かはこれらのお話やフワッ、サクッの食感と書いただけでも伝わりますね。お土産用に1箱10個入り1080円で売られています。

賞味期限も40日と長めです。

楽天市場で「かげろう」をお探しの方はこちら

新しいメニューの生かげろう&復活!ティラミスかげろう

お土産だけではなく地元の人にも大人気のかげろうですが、新しいメニューが加わっています。

福菱本店でしか味わうことのできない、「生かげろう」と「ティラミスかげろう(復活)」です。

かげろうは中がバタークリームでしたが、生かげろうの中は生クリームなのです。

2015年に常連さんからのリクエストで生まれた生かげろうですが、地元の人でもなかなか口に入らないほどの人気で午前中には売り切れてしまうことも多いようです。

生かげろうは普通のかげろうと違い賞味期限は当日のみです。

次の日には外側がしなっとなってしまうので美味しいうちに食べて下さいという意味があるようです。

それなら今食べようと購入したら1~2時間のうちに食べきるようにしてください。

あともう1つはティラミスかげろうです。2019年6月16日に再登場しました!

他にもアイスを型どったアイスかげろう、ほうじ茶味のほうじ茶かげろうも仲間入りしています。

福菱本店まで来たら立ち寄りたくなるKagero Cafe

福菱本店に来たら隣接するKagero Café にも立ち寄って頂きたいお店です。

本店限定の生かげろうをはじめ、他にもケーキやシュークリームなどの洋菓子が沢山迎えてくれて目移りしてしまうお店です。

モーニングサービス(8~10時まで)がドリンクに+200円で召し上がれますし、ランチセットも用意されています。

メニューはスイーツの他に、洋食、和歌山の郷土料理茶粥もあります。

ドリンクはなんと50種類もあって驚くほどです。

風景が楽しめるテラス席もありちょっとした贅沢な時間が楽しめます。

かげろう福菱本店、Kagero Café へのアクセス

福菱本店

和歌山県西牟婁郡白浜町1279-3

TEL 0120-42-3128(フリーダイヤル)

0120-42-3129(Kagero Café )

アクセス

・JR 白浜駅からバスで10分バス停「白浜桟橋」下車徒歩3分

営業時間

・8~18時

※本店は年中無休

Kagero Caféは木曜定休日

駐車場

・2ヶ所あり

かげろう他本店の商品は通信販売で購入できます

楽天市場で「かげろう」をお探しの方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする