「三井寺力餅」は独自の“みつ”と“きなこ”を使った素朴な味が絶品

 「三井寺力餅(みいでらちからもち)」とは?どこに売っているの?

三井寺力餅(みいでらちからもち)」は滋賀県の大津市名物の和菓子で、東海道の大津・追分(おいわけ)の宿場で旅人たちに愛されていたそうです。

こちらのお菓子は三井寺力餅本家というお店で製造されているのですが、こちらのお店は何と明治2年に創業した歴史のある老舗なんですよ!

この投稿をInstagramで見る

. 6年半ぶりの力餅🍡 やっぱ何回食べても美味しい♡ 日持ちしないのが残念😔 . #三井寺力餅 #力餅 #抹茶 #滋賀観光

ぶち(@kurukuru_meme)がシェアした投稿 –

この和菓子が「三井寺力餅」と名付けられた由来には、武蔵坊弁慶が関係しています。

昔、弁慶のいた比叡山延暦寺と三井寺の僧たちは仲が悪く、「自分たちこそ仏祖の教えだ」と争っていました。

ついに弁慶達、比叡山の僧は三井寺に攻め込み、霊鐘を戦利品として比叡山まで持ち帰ってしまいました。

後年、この霊鐘は三井寺に返されましたが、この出来事から数百年後、三井寺と弁慶の怪力に因んだ餅を売る人があらわれたそうです。

そんな弁慶の怪力伝説から生まれたこちらのお餅を扱う三井寺力餅本家は、京阪京津線または石山坂本線の浜大津駅からすぐそば、歩いて1分ほどのところに立地しています。

この投稿をInstagramで見る

三井寺力餅本家 明治時代から愛される力餅。 歴史の本に出てくるあんな人やこんな人たちも 食べたかもしれないね。 #和菓子好きとつながりたい #三井寺 #三井寺力餅 #大津絵 #大津市 #大津名物 #浜大津 #ひと休み #いっぷく #和カフェ #カフェ好きとつながりたい #老舗和菓子 #歴史好きとつながりたい #老舗和菓子 #歴史散歩 #otsu #shigaprefecture #hellootsu

おんぼり近江(@onborioumi)がシェアした投稿 –

駅からのアクセスも良いので是非、立ち寄ってみてください。

「三井寺力餅(みいでらちからもち)」は消費期限が短くお店でしか味わえない!?

こちらの「三井寺力餅」は伝統の技法を受け継いで製造されており、素朴なふるさとの味わいを楽しむことができます。

明治2年の創業時より受け継がれた手作りを守り続けており、保存料などの添加物は一切使用せずに作っています。

お餅にお店独自の“みつ”と“きな粉”が絶妙に合い、その味を求めてお店にはたくさんの人が訪れます。

この投稿をInstagramで見る

抹茶セット🍵 奥の部屋しめてはったけど、わざわざ開けてくれはって申し訳なかった💦 力餅の乗ったお皿、大津絵書いてあってめっちゃお洒落👹 3本あっという間に食べてしまった。。 勿論帰りはお持ち帰り用買いました🤗 坂本龍馬とか高杉晋作とか西郷隆盛とかがいるフルベッキ群像写真飾ってあった💥 #滋賀グルメ #滋賀カフェ #三井寺力餅 #大津カフェ #大津グルメ

M(@s31056)がシェアした投稿 –

そして、この「三井寺力餅」ですが、消費期限の関係上、限られたお店でしか販売しておらず、遠方には配送もしていません。

三井寺力餅」ならではの“とろっ”とした食感を楽しむためには、滋賀を訪れ、出来立てを食べるのが一番です!

皆さんもぜひ、滋賀のお店に足を運んでみてください。

大津絵寿はま」、「麦らくがん」など他にもおすすめ商品あります

三井寺力餅本家では、「三井寺力餅」の他にも美味しい和菓子を販売しています。

昔ながらのなつかしい味を堪能できる「大津絵寿はま」もおすすめです。

こちらのお菓子は大自然の恵みをたっぷりと受けた大豆を原料に使っており、食べやすい大きさに丸められているのも特徴です。

一口サイズでちょっとお茶を飲みながらつまむのにぴったりです。

この投稿をInstagramで見る

#大津#和菓子#三井寺力餅#干菓子#らくがん#湖都景色 #浮御堂#叡山すみれ#ゆりかもめ 🕊️#山桜 🌸 #美しい和菓子#繊細#落雁#滋賀スイーツ #パッケージが解読できない 😅 #Shiga#wagashi#Miiderachikaramochi#Japanesesweets #Biwakolake#famouslandscapes #beautifulsweets#crispycandy#rakugan#delicious😋

La tour Eiffel.ki(@la_tour_eiffel.ki)がシェアした投稿 –

また、こちらで販売されている「麦らくがん」はちょっと通常のらくがんと違います。

そもそも、通常のらくがんは米粉などに水飴や砂糖を混ぜて作るのですが、こちらの麦らくがんは“麦はったい粉”から作られています。

麦はったい粉は日本がまだ貧しい時代におやつなどに利用されていた、昔ながらの材料なんです。

そんな昔懐かしい味を楽しむことができます。

そのうえ、大津市の国際観光都市のシンボルでもある比叡山すみれや山桜などがデザインされ、見た目にもこだわっています。

店内には喫茶スペースもあります。できたての力餅を!

店内には喫茶コーナーもあり、出来立ての三井寺力餅を味わうことができます。

一番おいしい状態はまさに、出来立てなので一度はこちらの喫茶コーナーで食べてみてください。

他にも、お茶やコーヒー、ソフトクリームも販売しています。

《住所》

・〒520-0047 滋賀県大津市浜大津2丁目1-30

《アクセス》

・京阪京津線または石山坂本線「びわ湖浜大津」駅から徒歩1分

びわ湖浜大津駅から89m

《営業期間》

・7:00~19:00

※定休日:無休

《料金》

・三井寺力餅:6本入 648円

・大津絵寿はま:34粒 756円

・麦らくがん湖都景色:10個入 756円

《駐車場》

・無

※周辺に市営駐車場有り

《その他の三井寺力餅の販売店》

・名神草津PA上り線/下り線

・琵琶湖ホテル売店

・大津プリンスホテル売店

・三井寺風月堂売店

・名神大津SA下り線

・湖の駅

・浜大津本店

《オフィシャル》

http://www.e510.jp/tikaramoti/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする