もっちりやわらか「ちょこちょふ」は山脇山月堂さんの自信作です!

「ちょこちょふ」って何なん?

岡山のお土産のお菓子で一番に思い浮かぶのは多分「きびだんご」ですよね。

でも他にも江戸時代から親しまれている定番のお菓子の一つに「調布」があります。

「調布」は求肥もちをカステラ生地の薄皮で巻いたお菓子です。

古代の年貢方法の一つである「調」で収められた布の形に似ていることから調布と名付けられました。

素朴な甘さともちもちした柔らかい食感が特徴です。

その「調布」から派生させて、求肥もちをチョコもちに、カステラ生地の薄皮をチョコクレープに替えたお菓子が「ちょこちょふ」なんです。

まさに「調布」の”チョコ版”ですが、小さい頃から「調布」を食べ慣れた筆者でもちょこちょふを初めて食べたときは想定外の美味しさでした。

雪見だいふくのチョコ好きな人ならきっと気に入ってもらえると思います。

ちょこちょふの山脇山月堂が手掛ける美味しそうな創作菓子たち。

岡山県内で「調布」を一番古くから扱っているのは翁軒ですが、今では他にも数社が独自に「調布」を販売しています。

そのうちの一つ、山脇山月堂が「ちょこちょふ」を考案しました。

山脇山月堂はきびだんごのチョコ版も作っていて、チョコを練り込んだ団子生地でチョコを包んだお菓子なのですが、それと同じ発想で「ちょこちょふ」が誕生したのかもしれませんね。

他にもクリーム大福やきんとん大福、最近人気のマリトッツォに似せた大福「モチトッツォ」なんて商品もあります。

モチトッツォはあんこの入った羽二重餅で、はみ出るほどの生クリームをサンドした生菓子です。

この投稿をInstagramで見る

山脇山月堂《きびだんご製造本舗》(@kibidango.sangetsudo)がシェアした投稿

きんとん大福もとても美味しそうで、山脇山月堂のオンラインショップは見ていて楽しいですよ。

ちょこちょふは何処で売りょん?

筆者が「ちょこちょふ」を初めて見掛けたのは、イオンモール岡山で帰省土産を探していたときです。

何なんこれ?と思いましたが新し物好きなので買って帰りました。

この投稿をInstagramで見る

ᶜʸᵘᵏᵒ ᵏᵘʳᵃᵐᵒᶜᵒ(@mochico_jp)がシェアした投稿

イオンモールの銘店には岡山県及び近県の銘菓が豊富に並んでいて、お土産をゆっくり選べるのでおすすめです。

「ちょこちょふ」は岡山駅構内の土産物屋でも売られています。

改札付近のお土産コーナーにもありますが、改札向かい側のさんすてのほうがゆっくり買い物を楽しめますよ。

またはオンラインショップでも購入できます。

さんすて岡山店

(住所)

岡山市北区駅元町1-1 さんすて岡山 南館2階
電話:086-206-3703

(営業時間)

9:00~20:00

(定休日)

年中無休

(交通アクセス)

岡山駅2階中央改札の向かい側

(駐車場)

一番街駐車場などを利用(2000円以上購入で1時間無料)

イオンモール岡山店

(住所)

岡山市北区下石井1-2-1 イオンモール岡山1階 銘品コーナー
電話:なし

(営業時間)

10:00~21:00

(定休日)

年中無休

(交通アクセス)

岡山駅東口より徒歩5分(約350m)

(駐車場)

イオンモール駐車場を利用(1時間無料、1000円以上購入で更に1時間無料)

お値段
・ちょこちょふ 5個入り 税込630円
・調布 5個入り 税込530円
・調布二種詰合せ 各5個入り 税込1100円

・チョコきびだんご 10粒入り 税込530円
・きんとん大福 かぶせ茶  1個 税込260円
・モチトッツォ 4個セット 税込2500円

ホームページ
https://www.dango.co.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする