つくばの琥珀糖を使ったお菓子と言えば…寒天和菓子の傑作「福来氷(ふくれごおり)」

”氷の美しさ”を再現した「福来氷(ふくれごおり)」とは…

見た目も涼しく、箱を開けるとみかんの香りが広がる「福来氷」は、茨城県つくば市の銘菓です。

「福来氷」の名前の通り、寒天のまわりを水飴でコーティングし氷を演出しています。

また「福来氷」の表面はパリッと、中は柔らかい新しい食感との評判です。

寒天の断面からは、みかんの果皮が散りばめられているのが見えるので色合いもとても綺麗です。

上品な香りを演出する「福来氷」の秘密とは?あのフルーツが使われていました!

「福来氷」の上品な香りの正体は、筑波山で生産されている『福来(ふくれ)みかん』です。

この投稿をInstagramで見る

YUMI♥(@yumi_reo0331)がシェアした投稿

『福来みかん』の果皮には、肥満やストレスの改善に効果があることから、果皮を乾燥させて漢方薬に使用されていたこともあります。

スッキリとした味わいなので飲料水やお菓子、アイスなどの加工品の原料として用いられ、『夏の名脇役』と呼ばれることもあります。

「福来氷」を食べる前に一度、冷蔵庫で冷やすことで『福来みかん』の香りと美味しさをより引き出すことができます。

『福来氷』も認定されている「つくばコレクション」とは?

福来氷」がメディアで紹介される際には必ず、『平成23年度つくばコレクション認証品』という言葉がつきます。

この『つくばコレクション』とは、茨城県つくば市を代表する優れた物産展品として、つくば市が認証した商品のことです。

認証の基準を満たし、つくば市のイメージアップに繋がると認められたお土産ということですね。

今現在、30点の商品が登録されているので、お土産の参考につくばコレクションを確認してみるのもオススメです!!

つくばコレクションのご案内《公式》

https://www.city.tsukuba.lg.jp/kankobunka/kankojoho/collection/1001441.html

つくばの銘菓「福来氷」から茨城の代表銘菓へ~まとめ~

涼しげなゼリーの食感を思わせる寒天和菓子「福来氷」は、製造元の『御菓子処いとう』の店舗以外にも、つくば市内のスーパーマーケットや、期間限定で開催されるつくば市の物産展などでも販売されることがあります。

この投稿をInstagramで見る

Yoshiko.Sato(@mame.310445)がシェアした投稿

誰もが気軽に立ち寄れる場所ですぐに購入することができる「福来氷」は、地元・つくば市の人々に愛される銘菓ですが、より多くの人が「福来氷」を味わって茨城代表のお土産としても知って頂けたら幸いです。

御菓子処いとう

《住 所》

〒305-0044 茨城県つくば市並木3丁目26-17

(公式ホームページはなく、ネット販売も現在は行われていないようです。)

《アクセス》

・電車:JR常磐線荒川沖駅からバスで『下大角豆バス停』で下車、徒歩3分です。

・常磐自動車道『桜土浦IC』から5分です。

《営業時間》

午前9時〜午後18時30分、日曜定休日(第3日曜日は営業日。)

※コロナ感染状況に応じて休業期間に入る可能性がありますのでご注意ください。

《駐車場》

あり。

※お店は住宅街にありますので、駐車スペースも少なめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする