「御菓子処 じょうきや」の『チーズ饅頭』は、職人理想のクリームチーズを使用

滋賀県の「御菓子処じょうきや」はどんな店?

滋賀県の「御菓子処じょうきやは明治43年創業のお店で、地元に愛され続けている御菓子処です。

この投稿をInstagramで見る

ぶらり(@hirozawa2170)がシェアした投稿

きれいな水と地元でとれた食材を使用してお菓子を作ることにこだわっています。

また、ほとんどの商品に化学調味料や保存料を使っていません。

それは、地元の食材そのものの美味しさを味わって欲しいからなんです。

御菓子処じょうきやでは、そんな地元の素材を使った、様々な和菓子が売られていますが、一方で、店主のこだわりから生まれた商品もあります。

それが『チーズ饅頭』です。

みなさんは「チーズ饅頭」と聞いて、どこの「チーズ饅頭」を思い浮かべますか?

実は「チーズ饅頭」って一口に言っても、九州地方(鹿児島、宮崎、福岡)や東北(福島)、兵庫県や、はたまた【シャトレーゼ】などなど…全国にわたって同名の商品が存在していたりします。

ざっと挙げただけでもこれだけの「チーズ饅頭」と称するものがSNS上にアップされています。

もはや全国区で存在する「チーズ饅頭」…混同しそうなのでご注意を!!!

御菓子処じょうきやの『チーズ饅頭』は、チーズケーキ好きの店主が「和菓子屋さんがチーズケーキを作ったら・・・」という思いから生まれた商品なんだそうです。

チーズ好きの店主が探し求めた理想のクリームチーズを使った『チーズ饅頭』。

この投稿をInstagramで見る

chie(@jarinkochiezo)がシェアした投稿

皆さんも是非、食べてみてください。

じょうきやでは地元素材にこだわった商品をたくさん販売しています

御菓子処じょうきや」では、地元素材を使って作った美味しいお菓子が販売されています。

まずは、このお店の地元:米原の名前も入った“まいばらがいっぱいっパイ”は『じょうきや』のお店の看板商品でもあります。

この“まいばらがいっパイ”には、米原産のかぼちゃとお芋で作った餡が入っています。その餡をパイ生地で包んだお菓子です。

この投稿をInstagramで見る

株式会社 常喜家(@jyouki_kashiya)がシェアした投稿

また、“三献のcha”というお菓子は、滋賀県の高級茶葉を原料にし、地元の卵を使って焼き上げたお菓子です。

どちらも通年販売している商品なので、いつでも購入できる点もうれしいですね。

滋賀県の地元の素材を使っているので、お土産にもピッタリです。

季節限定のお菓子もたくさん。地元の素材がふんだんに使われています

御菓子処じょうきや」では他にも季節限定のお菓子もたくさん販売されています。

まずは、“いちご大福“と”いちご饅頭“です。

どちらも、滋賀県の地元農家のいちごを使用しており、“いちご大福”はそのいちごを柔らかい求肥と餡で包んだ美味しいお菓子です。

この投稿をInstagramで見る

まいばらんど(米原市)(@maibarand)がシェアした投稿

いちご饅頭”の方は、いちごを使って餡を作っており、甘酸っぱい良い香りが楽しめます。

“ゆず餅”は米原でとれたゆずを丸ごと使っていて、それを白こし餡で包んだお菓子です。

爽快な味がクセになるお菓子になっていますよ。

他にも米原産の紫芋の餡が使われている“紫芋饅頭“やかぼちゃを餡に使った、”かぼちゃ饅頭“等々、季節の地元の素材を使ったお菓子が販売されています。

ぜひ、滋賀の季節の旬の味を楽しんでください。

クリスマスやハロウィーン限定のお菓子もあります

クリスマスやハロウィーンの前日と当日限定で予約販売されるお菓子もあります。

サンタクロースやハロウィーンのキャラクタを模した和菓子になっていますので、小さいお子さんは喜ぶこと間違いなしですよ!

この投稿をInstagramで見る

Yusuke Ishihara(@yishiharayusuke)がシェアした投稿

御菓子処じょうきや

《住所》

・〒521-0242 滋賀県米原市長岡1180-3

《アクセス》

・電車の場合

JR東海道本線 近江長岡駅を出て、北へ徒歩約10分。

米原市役所山東庁舎北側50m。

・自動車の場合

米原インターチェンジから、15分。

《営業期間》

・8:00-18:00 火曜日定休日

《料金》

・まいばらがいっぱいっパイ

6個入り           :1,380円(税込)

10個入り            :2,250円(税込)

15個入り            :3,350円(税込)

《駐車場》

・有:7台

《オフィシャル》

https://kasidokoro-jyoukiya.com/info/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする