梅林堂の『彩(さい)のさくさく』は実家への手土産にぴったりなお菓子!

実家への手土産は悩みのタネのひとつ

「実家への手土産を選びたいけど、気の利いたお菓子がなかなか見つからない。」

「お義父さんは甘いものが苦手。だけど高齢で歯が弱いから硬いお煎餅は食べられない。」

みなさんも実家への手土産を選ぶのに、同じような苦労はありませんか?

お菓子自体はおいしいけど包装が上品ではなかったり、条件が多すぎて結局いつも同じお菓子を用意してしまったり…

とくに義実家への手土産には気を遣いますよね。

そんな悩みから解放してくれるお菓子が、埼玉県の老舗「梅林堂」にありました。

創業から150年以上続く埼玉県の老舗「梅林堂」

梅林堂」は150年以上の歴史を持つ、埼玉県熊谷の有名な和菓子屋です。

農民だった初代が京都や伊勢で食べたお菓子に魅了され、人々に喜ばれるおいしいお菓子を作りたいと1864年に石原村という小さな村で創業しました。

おいしさを追求し、丹精込めて作られた数々のお菓子は、長年地元の人々から愛されてきました。

2021年には埼玉県内に31店舗、群馬県に2店舗を出店しています。

そんな埼玉県を代表する「梅林堂」のお菓子の中から、実家の手土産にぴったりなお煎餅「彩のさくさく」をご紹介します。

「彩のさくさく」が実家への手土産にぴったりな理由その1

「彩のさくさく」が実家への手土産にぴったりな理由は、その包装・食感・味付けにあります。

この投稿をInstagramで見る

zumo(@zu.mox)がシェアした投稿

1つ目に”包装”です。

彩のさくさく」は1枚ごとの個包装となっており、パッケージの表面は光沢のある和紙のような質感をしています。

中にはトレーが入っていて、お煎餅が崩れるのを防ぎ、また食べる際にかけらが下に落ちないようお皿としての役割を果たしてくれます。

1枚分でも存在感があるので、包装のまま1〜2枚を菓子皿に乗せても見栄えするのが嬉しいところ。

贈り物にふさわしい、丁寧で高級感のある包装です。

「彩のさくさく」が実家への手土産にぴったりな理由その2

2つ目は”食感”です。

梅林堂が3年もの試行錯誤を重ねて作り上げた新しい食感が「彩のさくさく」の最大の特徴です。

大きさを整えられたもち米の粒が、散り積もった雪のように空気を含んで重なり合っており、噛むとサクッと口の中で粒煎餅がほどけていきます。

普通のお煎餅にはない珍しい食感です。

商品名のとおり「さくさく」とした軽やかな食感で、入れ歯などで硬いものが食べれない人でも抵抗なく受け入れることができます。

「彩のさくさく」が実家への手土産にぴったりな理由その3

最後の3つ目は”味付け”です。

彩のさくさく」には「醤油・おかか・青のり・昆布」の4種類があり、それぞれの素材の風味や旨味が感じ取れる味付けになっています。

この投稿をInstagramで見る

HITOMI(@hotaihitomi)がシェアした投稿

昆布味と聞いて抵抗感を覚える方もいると思いますが、心配はいりません。

昆布味の表面にはとろろ昆布が敷かれており、昆布独特のクセは控えめです。

おすすめは「本枯れ節」という最上級の鰹節を使用したおかか味で、4種類の中でも職人さんが「自信作」と太鼓判を押しています。

素材を活かす上品な味付けは、ご年配の方への印象も良いです。

「彩のさくさく」は公式オンラインショップからも入手可能~まとめ~

以上の、高級感のある包装・軽やかな食感・上品な味付けが「彩のさくさく」が実家への手土産にぴったりな理由です。

「彩のさくさく」は、埼玉県と群馬県にある梅林堂の実店舗、または公式オンラインショップから購入することができます。

公式オンラインショップの場合、通常15時までの注文で翌日出荷、賞味期限は約45日です。

ギフト対応もしているので、必要な方は熨斗紙もつけることができますよ。

毎年帰省される方にとって手土産は悩みのひとつですが、困った際にはぜひ「彩のさくさく」を候補に入れてみてください。


《住所》
箱田本店
〒360-0014 埼玉県熊谷市箱田6丁目6-15

《アクセス》
■駅からのアクセス
秩父鉄道/上熊谷駅から 徒歩20分(約1.4km)

■車でのアクセス
国道17号線沿い 八木橋百貨店より東松山・妻沼線 妻沼方面(約800m)

《営業時間》
10:00〜18:00

《料金》
・1枚 86円(税込)
・6枚入 516円(税込)
・8枚入 688円(税込)
・10枚入(箱) 1000円(税込)
・16枚入(箱) 1600円(税込)
・32枚入(箱) 3200円(税込)
・36枚入(箱) 3600円(税込)

《通販》
あり

《駐車場》
あり

《オフィシャル》
・梅林堂 公式オンラインショップ
https://www.bairindo.co.jp/

・Instagram(@bairindo)
https://www.instagram.com/bairindo/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする