横浜「シルスマリア」と言えば…「公園通りの石畳 シルスミルク」が有名!

「生チョコレート」は横浜シルスマリアが発祥だった!

「生チョコ」という名前で初めて世の中に出たお菓子は、横浜にあるシルスマリアさんで生まれました。

この投稿をInstagramで見る

@jj_hana26がシェアした投稿

現在普通に使われている「生チョコ」という言葉もシルスマリアさんで生まれたのだそうです。

つまり、シルスマリアさんは生チョコレート発祥の地というわけです。

シルスマリアさんで生チョコレートが生まれたのは1988年。

1.6cm四方の小さなキューブの中に詰め込まれた濃厚でくちどけの良い贅沢な味わい。

数種類のベルギー産チョコレートを使用し、新鮮なクリームが合わさって、あのくちどけが生まれています。

2017年にモンドセレクション最高金賞を受賞した「公園通りの石畳シルスミルク」は、今も変わらずシルスマリアの定番商品となっています。

「生チョコ」は非常にやわらかいため、発売当時から現在まで全て手作業でカットし、ひとつずつ丁寧に箱に詰められているのだそう。

シルスマリアは生チョコだけじゃない!「ベルク」もなかなかの人気商品です♪

SNSでも話題…横浜シルスマリアの「ベルク(生パイ)」がこれ!

さくさくパイ生地の中にクリーム&カスタード、そしてカットされた栗(マロンチップ)が詰まった「生パイ」です。

生チョコはちょっと…という方にはもちろん、お土産やパーティーにも最適なのでオススメです♪

シルスマリアの「生チョコ」は種類も豊富!バレンタインにもおススメです。

生チョコレート発祥とうたっているシルスマリアさんでは、定番の「公園通りの石畳シルスミルク」の他にも色々な味の生チョコを取り扱っています。

やはり一番最初に食べてみていただきたいのは「公園通りの石畳シルスミルク」です。

販売当時から人気の味は3種類のチョコレートと新鮮なクリームが口の中でとろける幸せの味。コーヒーにも紅茶にも合う贅沢なお菓子です。

そして、冬に食べたくなるその名も「スノーベリー」。

ベルギー産のホワイトチョコレートに新鮮なクリームの生チョコ。

さらにフリーズドライのイチゴを混ぜ込んだ見た目もかわいい一品。

白いキューブの中にちょこちょこと覗く赤い粒が可愛らしいです。

真っ白な箱もお洒落で、冬のプレゼントに喜ばれそうな商品です。

甘いチョコレートが苦手な方には「シルスビター」をお勧め。

カカオとバニラの香りが楽しめる大人なくちどけ。お酒にも合いそうな「生チョコ」です。


お酒といえば、お酒が入った生チョコの取り扱いもあります。

「ちえびじん生チョコレート」「紀土生チョコレート」「赤武生チョコレート」「富乃宝山生チョコレート」「竹鶴ピュアモルト生チョコレート」があり、それぞれのお酒を活かした生チョコレートに仕上げています。

どれも木箱に入った高級感も感じられるもので、バレンタインデーなどにプレゼントとして買われる方も多いようです。

お茶の香りを活かした「アールグレイクレーム生チョコレート」や「ジャスミンリザーブ生チョコレート」「ハッピーティー生チョコレート」もあります。

こちらは女性に喜ばれそうなシリーズですね。

宮城県のブランド苺を使った「MIGAKIICHIGO生チョコレート」や山梨県産の白桃を使った「白桃生チョコレート」も特別感があっておススメです。

シルスマリアの「生チョコ」シリーズの値段と賞味期限は?

シルスマリアさんの「生チョコ」について、値段や賞味期限などを調べてみました。

  • 公園通りの石畳シルスミルク 1,296円(税込)
  • スノーベリー 1,296円(税込)
  • シルスビター 1,296円(税込)

  • アールグレイクレーム生チョコレート 1,620円(税込)
  • ジャスミンリザーブ生チョコレート 1,620円(税込)
  • ハッピーティー生チョコレート 1,620円(税込)

  • MIGAKIICHIGO生チョコレート 1,944円(税込)
  • 白桃生チョコレート 1,944円(税込)

  • ちえびじん生チョコレート 1,944円(税込)
  • 紀土生チョコレート 1,944円(税込)
  • 赤武生チョコレート 1,944円(税込)
  • 富乃宝山生チョコレート 1,620円(税込)
  • 竹鶴ピュアモルト生チョコレート 1,944円(税込)

賞味期限は約4週間です。保存は冷蔵保存(10度以下)でお願いします。

まとめ:シルスマリアの「生チョコ」は通信販売も便利です

シルスマリアさんの店舗は神奈川県の横浜市内と平塚市などにあります。

公式オンラインショップもありますので、通販も便利です。

生チョコはクール便で送られます。

この投稿をInstagramで見る

@a.travel.20921がシェアした投稿

《馬車道本店》

神奈川県横浜市中区太田町5-58 馬車道CFビル 1F

《営業時間》

10:00~21:00

《直営店》

シルスマリア 平塚店

神奈川県平塚市龍城ケ丘2-3

シルスマリア CIAL桜木町店

神奈川県横浜市中区桜木町1-1 CIAL桜木町

南町田 グランベリーパーク店

東京都町田市鶴間3-4-1 セントラルコート1階

シルスマリア ラボ

神奈川県横浜市西区みなとみらい6-3-4 1階

《オフィシャルオンラインショップ》

https://www.silsmaria.jp/p/search?keyword

《オフィシャル》

https://www.silsmaria.jp/

【作者紹介】この記事を書いたのはワ・タ・シです♪

スイーツ大好きmomoと申します。

旅行と歴史が大好き。いつか全国をまわって、北は北海道、南は沖縄まで各地のお菓子を食べ歩きたいなあと夢見ています。

お取り寄せしたお菓子を食べながら、その土地に思いをはせたりも…

私のお気に入りのお菓子を紹介していくので、皆さんの食べてみたいお菓子リストに加えて頂けたら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする