緑茶味のチョコブームは終わらない…茨城産の「茶の実トリュフ」

和と洋のコラボレーションが魅力の「茶の実トリュフ」

箱いっぱいに詰まったひと口サイズの可愛い緑の果実、茨城産のお茶ブランドが開発した「茶の実トリュフ」をご存知ですか?

ホワイトチョコの上に茨城県猿島(さしま)郡で栽培されている猿島(さしま)茶を塗した生チョコのお菓子なんです!!

この投稿をInstagramで見る

珈琲屋 きすけどーる(@kisukedor)がシェアした投稿

猿島茶の濃厚な苦味とコクが、大人の味わいを演出している和と洋の長所をコラボさせたオシャレなお菓子に仕上がっています。

生クリームとホワイトチョコの滑らかさが特徴的で、口の中でとろける食感を楽しむことができますよ!!

女性に嬉しいビタミン豊富な「茶の実トリュフ」は必見!!

茶の実トリュフ」に使用されている猿島(さしま)茶は、野口熊太郎茶園で栽培されているものです。

ビタミン、食物繊維を多く含む猿島茶の魅力を多くの人に届けるために、お茶専門のカフェ『茶太郎’s カフェやまの』を運営しています。

カフェでは猿島茶の他にも抹茶のスイーツや季節限定のオリジナルメニューを楽しむことができるので、ぜひ現地で茨城独自のお茶文化を堪能してみてくださいね!!

お得な緑茶のミニボトル付き「茶の実トリュフ」には驚きです♪

茶の実トリュフ」は、バレンタインデーに大活躍のギフトですが、ギフトに選ばれる人気の理由が「茶の実トリュフ」に一緒に付いてくる緑茶の粉末ミニボトルの存在なんです!!

この緑茶の粉末を好きなだけかけて、自分好みの味わいに調節することができます。

余った緑茶粉末は、お湯に溶かして緑茶として楽しめるのでお茶好きの方へは最高の贈り物ではないでしょうか。

水戸にお住まいなら店頭で「茶の実トリュフ」をご堪能下さい!

甘いチョコと渋みのある緑茶の両方を楽しめる贅沢な「茶の実トリュフ」は、ご自宅用にはもちろん、緑茶好きの方への差し入れにもオススメできる商品です。

「茶の実トリュフ」は毎年11月〜4月の期間限定商品ですので、早めの確認と予約が必要となります。

この投稿をInstagramで見る

野口熊太郎茶園(@noguchikumatarou)がシェアした投稿

水戸にお住まいの方は、水戸の偕楽園にお店を構える見晴亭でも取り扱いがありますので、そちらも確認してみて下さいね。

12月頃から店頭に並ぶことが多いです♪

まとめ:「茶の実トリュフ」の販売期間にご注意を!!

茶の実トリュフ」をネットで購入されたい方は、野口熊太郎茶園の公式ページからお買い求めください。

ネット販売の受付も、毎年11月〜4月の期間限定ですので注意してくださいね!!

この機会に他のお茶の商品もご覧になってみてください。

この投稿をInstagramで見る

smilemi☺︎(@smilemi1)がシェアした投稿

・株式会社野口徳太郎商店  野口熊太郎茶園

〒306-0433 茨城県猿島郡境町1144

《アクセス》

電車:東武伊勢崎線、東武日光線「東武動物公園駅」下車。

その後、朝日バス『境車庫行』乗車、バス停『役場入口』で下車後、徒歩5分程。

《営業時間》

《店舗》午前9時〜午後18時、元旦のみ定休日。(変更の可能性あり。)

※茶太郎’s カフェやまの:午前10時〜午後17時、水曜定休日。

《駐車場》

無料駐車場あり。

《公式》

https://www.greentea.co.jp/company

※ネット販売の受付は、毎年11月〜4月の期間限定です。

【水戸にお住まいの方はぜひ店頭でお買い求めください。】

・偕楽園売店見晴亭 〒310-0033 茨城県水戸市常磐町1丁目3-2

《アクセス》

JR水戸駅北口の茨城交通バス『偕楽園方面行き』に乗車、『偕楽園前』で下車。

《営業時間》

午前9時〜午後17時(変更の可能性あり。)

《駐車場》

有料駐車場あり(1回500円です。)200台。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする