北海道が生んだ洋菓子土産・冬を連想させる石屋製菓の「白い恋人」

 ロマンチックな名前の「白い恋人」、その由来とは?

雪のようなホワイトチョコレートを、サクサク生地のラング・ド・シャで挟んだ「白い恋人」。

この投稿をInstagramで見る

エステネイルサロンOcean Size(@nailoceansalon)がシェアした投稿

北海道の利尻山をイメージしたパッケージに包まれ、冬を彷彿とさせる焼き菓子です。

一口食べれば、濃厚な甘さが口の中に広がります。

1枚では満足できずに、もう1枚、とついつい食べ進めてしまう人もいるのではないでしょうか。

ラング・ド・シャはバタークッキーに似ていますが、卵黄を使っていないので、白っぽい焼き色と軽い食感が特徴のフランスのお菓子です。

名前の由来は、創業者がとある師走の日に「白い恋人たちが降ってきたよ」と、何気なく発した言葉から来ているとされています。

雪を恋人に例えるなんて、ユーモアのある素敵な方だったようですね。

冬だけじゃない、夏にも嬉しいシリーズのラインナップも

雪山をモチーフにしたパッケージから、どことなく冬のお菓子というイメージを抱いてしまいますが、商品自体は季節を問わず食べられるものです。

この投稿をInstagramで見る

Acco(あっこまる)(@accoppy_95)がシェアした投稿

それに加えて、近年では「白い恋人」から派生したシリーズ商品や、コラボ商品が展開されているので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

期間・数量限定の「白い恋人ホワイトチョコレートプリン」や店舗限定の「白い恋人ソフトクリーム」など、酪農王国北海道ならではの生乳とホワイトチョコレートの味を活かした、あっさりとした中にもコクのある味わいが特徴的です。

この投稿をInstagramで見る

福岡グルメ@まーさん(@ma_san_32_)がシェアした投稿

プリンの方はオンラインショップでも取り扱いがあるので、気になる方は品切れする前に注文した方が良いかもしれません。

チョコレートの歴史が学べる!「白い恋人パーク」もおすすめ

白い恋人」の製造工場があるテーマパークでは、製造の過程が見学できるツアーのほか、チョコレートに関する知識を深められるコンテンツ、自分だけの「白い恋人」が作れる体験料理教室が開催されています。

この投稿をInstagramで見る

❀ ❀(@darkgem2)がシェアした投稿

屋外には、夏はバラが咲き誇り、冬はイルミネーションが煌く英国風の美しい庭園が整備されており、記念撮影にはうってつけです。

異国情緒を味わいながら、海外旅行気分に浸るのも楽しそうですね。

入館には入園料がかかるものの、それ以上の満足感を得られると好評です。(札幌市内の住民は身分証の提示で割引特典があるようです!)

イベント等の開催状況や期間は、公式サイトで確認してから訪れるのをおすすめします。

「白い恋人で北海道にエール!BOX」「白い恋人しあわせBOX」がオンラインや臨時特設サイトで販売…(まとめ)

2020年5月4日に石屋製菓が、北海道観光が落ち込み、店頭に並べられなかった商品を活用、通常価格で総額10,800円以上の商品を詰め合わせた『白い恋人で北海道にエール!BOX』を期間限定商品として半額以下の特別価格5,400円で販売(イシヤ オンラインショップ)、アクセスが殺到し、たったの一日で完売したという伝説のオリジナル商品。

また、同年6月15日~25日までの期間でオンライン特設サイトで抽選販売を行った『白い恋人しあわせBOX』も当選者にBOXが冷蔵便で届けられ、盛況下に終わりました。

「白い恋人」を手軽に食べたいならネットでの購入が便利ですが、「白い恋人パーク」以外にも直営店には「イシヤカフェ」という飲食店が併設されている所があり、お取り寄せではお目にかかれないオリジナルスイーツも用意されています。

「イシヤカフェ」は北海道内に2店舗ありますので、近くまで行く機会があれば立ち寄ってみるのも思い出になりそうですね。

《住所》

「白い恋人パーク ショップ・ピカデリー」

〒063-0052 札幌市西区宮の沢2条2丁目11番36号

TEL 011-666-1481

他、北海道内に8店舗・東京に5店舗・大阪に1店舗の直営店があります。

《アクセス方法》

札樽自動車道 札幌西ICより車で1分(350m)

JR函館本線 発寒駅より徒歩22分(1.6km)

地下鉄東西線 宮の沢駅より徒歩8分(650m)

《営業時間》

10:00~17:00

※店舗により異なります。

《通販の有無》

あり

《商品の料金》

9枚入り648円(税込)

12枚入り864円(税込)

24枚入り1,728円(税込)

53枚入り4,104円(税込)

※その他のサイズもあります。

《駐車場》

あり

《公式サイト》

https://www.ishiya.co.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする