青森土産の代表選手!「パティシエのりんごスティック」がおすすめの理由

「パティシエのりんごスティック」ってどんなお菓子?

青森県民なら誰もが知る「ラグノオ」は、りんごを中心としたお菓子を製造・販売する会社です。

今回ご紹介する「パティシエのりんごスティック」は、ラグノオを代表するお菓子の一つ。

その名の通り、スティック状のアップルパイです。

この投稿をInstagramで見る

青森県観光物産館アスパム(@aspm_official)がシェアした投稿

そしてその美味しさも折り紙付。

2013年、第26回全国菓子大博覧会にて金賞を受賞しているのです。

もちろん中に使われているのは青森県産りんご。

シロップ漬けにされ、大きめにカットされたりんごはスポンジ生地と一緒にそのままパイで包まれています。

この投稿をInstagramで見る

Yamamoto Takao(@matsuda.yamamoto)がシェアした投稿

パイ生地はどちらかと言えば、しっとりめ。

しかし軽くオーブントースターで温めれば、焼き立てに近いサクサクの食感に!

逆に暑い季節なら、冷蔵庫で少し冷やして食べるとまた違う印象になります。

美味しいという要素しか見当たりませんが、今回おすすめするその理由、それは「バランスの良さ」という点にもあるのです。

「パティシエのりんごスティック」がお土産として好適な理由

アップルパイといえば、大きなホール状のもの。そんなイメージはありませんか?

こちらのりんごスティックは一本ずつの個包装、そしてサイズも小ぶりで、どなたでも食べ切れてしまう丁度いい大きさ。

ナイフで切り分ける必要もなく、その場でパクリと頂けちゃいます。

また、4本袋入りのセットの他、箱入りの5本入、8本入、そして12本入と豊富な品揃え。

欲しい本数入のセットが見つかるはずです。

お土産品に重要な要素、「美味しさ」「食べやすさ」「配りやすさ」を全てを満たしたこのりんごスティックで、青森を感じてみませんか?

「パティシエのりんごスティック」とその仲間もおすすめなんです

実はこのお菓子、「りんご」以外にも種類があるんです。

新発売になったばかりの2商品も合わせてご紹介しますね。

青森のおかしやさんがつくったスティックパイナップルパイ」。

こちらは果肉感が残るパイナップルのシロップ漬けがパイに包まれた、りんごスティックのパイナップルバージョン。

一口噛む度に南国を感じられるような一品となっています。

そして「パティシエのりんごスティック 東北ミックス」。

こちらはフルーツ部分になんと東北6県の特産品を使用してしまった、何とも贅沢なフルーツパイなんです。

東北の美味しいがギュッと詰まったこちらは、パッケージも可愛らしく仕上がっているので要チェックです。

りんごスティックだけでなく、どれも食べ比べしてみたくなってしまうラインナップとなっています。

お気に入りの一品をぜひ見つけてみてくださいね。

 

青森を訪れたら「パティシエのりんごスティック」をどうぞ!~まとめ~

こちらの「パティシエのりんごスティック」ですが、青森県内ではスーパーマーケットで一本からバラ売りしているのが普通です。

お土産だけではなく、市民のおやつとしてもその地位を築いているんですね。

もちろん駅やお土産店でも見掛ける機会はあるはずですが、「なかなか青森まで足を伸ばせない!」という方は通販もご利用ください。

HPからの注文でYAHOO! ショッピングに繋がります。


《住所》

・ラグノオ弘前百石町本店 : 〒036-8035 青森県弘前市百石町9

《アクセス》

・ラグノオ弘前百石町本店

■駅からのアクセス

弘南鉄道大鰐線「中央弘前」駅から徒歩8分

JR奥羽本線「弘前」駅(西口)から徒歩15分

「中央弘前」駅から454m

■バス停からのアクセス

JR奥羽本線「弘前」駅より弘南バス土手町循環 100円バス8分

《営業期間》

・ラグノオ弘前百石町本店:8:00~19:00

・定休日:毎週火曜日(営業する日もあり、HPにてお知らせしています)

《料金》

・4本袋 680円

・5本入 850円

・8本入 1360円

・12本入 2040円

《駐車場》

・ラグノオ弘前百石町本店:あり

《オフィシャル》

https://www.rag-s.com/

※よろしければ「関連記事」としてこちらの記事も一緒にご覧ください♪

「パティシエのりんごスティック」の”カロリー”が意外にも高かった件!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする