いつでも出来立てのおいしさ!「RINGO」のカスタードアップルパイ

この記事は約4分で読めます。

「RINGO カスタードアップルパイ」の美味しさの秘密

 

RINGOのカスタードアップルパイは工房と店舗が一体化しているため、買いに行くといつでも出来立てが提供されています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

PARIS mag -パリマグ-(@paris_mag)がシェアした投稿

 

どの店舗もお店の前には行列が出来ていて、大人気ですよ。

 

材料は北海道産のフレッシュなバターがたっぷりと使ってあるだけでなく、通常よりもグルテン量が低いオリジナル配合の小麦を使ってあるため、サクサクの生地に仕上がっているのです。

 

また、大きめのキューブ型に加工されたリンゴの食感はゴロッとしていて、リンゴの甘みや香りも楽しめるようになっています。

 

さらに、カスタードクリームが後入れされていることにより、なめらかな口当たりになっているのです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

箕輪 宏(@hiroshiminowa)がシェアした投稿

 

最後に、RINGOの店舗の多くはターミナル駅構内にありますので、通勤や通学の帰りに買いやすいというのも魅力のひとつだと言えるでしょう。

 

ズバリ!おすすめの食べ方はこれ!

 

1番のおすすめは、やはり店頭で購入してすぐに食べることです。

 

また、持ち帰って常温になったアップルパイであれば、電子レンジで10〜12秒温め、さらにトースターで温めるとパイがサクサクになりますよ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

さき(@sa050706)がシェアした投稿

 

ただ、アップルパイの賞味期限は常温保存なら当日中、冷蔵保存するなら翌日までとなっていますので、複数個購入した場合には、残ってしまう可能性もありますよね。

 

4個まとめて買うと1512円になり、単品よりも少しお得になるので、いつもついつい4個買ってしまいます。

 

そんな場合には、冷凍庫で凍らせた状態で食べてみるのをおすすめします。

 

食べる10分前に冷蔵庫から取り出しておけば、ちょうど良い具合に中のカスタードクリームとリンゴが凍っていて、シャリシャリとした食感のアイスを食べているような感じになります。

 

ぜひ暑い季節には試してみてくださいね。

 

店舗での大口注文も可能

 

混雑時にはお一人様4個までという個数制限がある同店ですが、受け取り日の1ヶ月前から5日前までに、来店または電話にて予約をすれば、最小20個から最大200個までの注文が可能です。

 

大口注文は国内11店舗で受け付けていますが、ekie広島店と仙台駅店は対象外になりますので、お気をつけください。

 

RINGOのアップルパイは、パーティや職場でのイベント、結婚式の二次会などにもピッタリですよ!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAKE INC.(@bake_jp)がシェアした投稿

 

《住所》

・RINGO 池袋 東京都豊島区南池袋1丁目 JR池袋駅1F

 

 

《アクセス》

■駅からのアクセス

池袋駅構内

 

 

《営業期間》

10時〜22時

 

 

《料金》

焼き立てカスタードアップルパイ 税込399円

 

 

《駐車場》

なし

 

 

《オフィシャル》

https://ringo-applepie.com/shop/ikebukuro/

コメント