鎌倉豊島屋は鳩サブレだけじゃない!「小鳩豆楽(まめらく)」にも要注目!

鎌倉豊島屋の「小鳩豆楽(まめらく)」ってどんなお菓子?

鎌倉のお土産の大定番といえば、やはり豊島屋さんの「鳩サブレ」。

かわいくて、サクサクの生地がおいしくて、食べて嬉しい貰って嬉しいロングセラー商品です。

「鳩サブレ」を購入するために、豊島屋さんに行ったら、ぜひ手にとってみていただきたい商品があるんです。それが「小鳩豆楽(まめらく)」。

小さくて上品な白い箱は、お店の中でもあまり目立たない存在かもしれません。

でも、「小鳩豆楽」侮れません。

明治時代から今日まで愛され続けているお菓子なんです。

豆粉に和三盆などを加え打ち上げた可愛らしい小鳩型の落雁は、豆の香りとやさしい甘さが口いっぱいに広がります。

このふんわり広がる豆の香りと風味が「小鳩豆楽」でしか味わえない懐かしい素朴な味で、鎌倉に行く度にリピートしてしまいます。

お茶にもコーヒーにも紅茶にも、何にでも合いますし、指でつまめる小さなサイズもお茶請けにぴったりですね。

この投稿をInstagramで見る

豊島屋(@hato.0810.36)がシェアした投稿

ふっくらとしたフォルムの小鳩がとても可愛らしいので、鎌倉のお土産として思い出話に花を咲かせながらテーブルの上にちょこんと出したいお菓子です。

大きな「鳩サブレ」と小さな「小鳩豆楽」を並べてみてもかわいいですよ!

鎌倉豊島屋の「小鳩豆楽」にも種類がある?!グッズもかわいい!!

先ほど、あまり目立たない白い箱と記載した「小鳩豆楽」ですが、実はパッケージに色々な種類があるんです。

中でもおススメなのが缶入りの「小鳩豆楽」。

小さな丸い形の缶に「小鳩豆楽」が4包入っているんです。

赤と白があり、この2缶がセットになった紅白2缶入りはお祝いの品としても喜ばれるのでしょうか。

この投稿をInstagramで見る

Shizuka Sato(@pelvis_shizuka)がシェアした投稿

だいたい1包に5羽ほどの小鳩が入っています。

通常の白い折箱は3包入りで、上品な印象ですが、表書きの「小鳩豆楽」の印章のようなロゴがとてもかわいいと思っています。

そして、豊島屋さんの定番商品「鳩サブレ」とのセット商品も販売しています。

その名も「鳩づくし」。「鳩サブレ」と「小鳩豆楽」の両方が楽しめるセットでおススメです。

豊島屋本店では、様々な鳩グッズも見逃せません。

本物の「小鳩豆楽」そっくりなグッズがあったりして、お菓子と一緒についつい手が伸びてしまいます。

鎌倉豊島屋「小鳩豆楽」値段と賞味期限はどのくらい?

豊島屋さんの「小鳩豆楽」について、値段や賞味期限などを調べてみました。

  • 小鳩豆楽(折箱)3包入 432円(税込)

  • 小鳩豆楽(赤缶)4包入 648円(税込)

  • 小鳩豆楽(白缶)4包入 648円(税込)

  • 小鳩豆楽(赤白2缶入)4包入×2 1,296円(税込)

  • 鳩づくし(鳩サブレー12枚入、小鳩豆楽6包入) 2,700円(税込)

「小鳩豆楽」の賞味期限は、約30日 となっていました。

鎌倉豊島屋「小鳩豆楽」は通信販売も便利です!~まとめ~

豊島屋さんは鎌倉市内の直営店の他、神奈川・東京などの百貨店にもたくさんの店舗があります。

公式オンラインショップも充実しているので、通販も便利ですよ。

《本店》

神奈川県鎌倉市小町2-11-19

《営業時間》

9時~19時

《直営店》

鎌倉駅前扉店

神奈川県鎌倉市小町1-6-20

豊島屋洋菓子舗 置石

神奈川県鎌倉市小町2-15-5

豊島屋菓寮 八十小路

神奈川県鎌倉市小町2-9-20

長谷大仏前店

神奈川県鎌倉市長谷3-1-6

逗子店

神奈川県逗子市逗子1-2-7

北鎌倉駅前店

神奈川県鎌倉市山ノ内510-5

梶原店

神奈川県鎌倉市梶原4-1-1

《販売店》

横浜高島屋

そごう横浜

タカシマヤ フードメゾン新横浜

上大岡京急百貨店

大船ルミネウイング

横須賀 さいか屋

藤沢 さいか屋

小田急百貨店ふじさわ

たまプラーザ東急百貨店

武蔵小杉東急スクエア東急フードショースライス2階

日吉東急アベニュー

大丸東京

HANAGATAYA東京南店

日本橋 高島屋

日本橋 三越本店

銀座三越

新宿伊勢丹

新宿小田急(本館)

新宿高島屋

渋谷ヒカリエShinQs東横のれん街

池袋西武

玉川高島屋

町田小田急

羽田空港第一ターミナル特選和菓子館

羽田空港第二ターミナル東京食賓館

エキュート品川サウス

《オフィシャルオンラインショップ》

https://www.hato.co.jp/products/list/online

《オフィシャル》

https://www.hato.co.jp/

【作者紹介】この記事を書いたのはワ・タ・シです♪

スイーツ大好きmomoと申します。

旅行と歴史が大好き。

いつか全国をまわって、北は北海道、南は沖縄まで各地のお菓子を食べ歩きたいなあと夢見ています。

お取り寄せしたお菓子を食べながら、その土地に思いをはせたりも。

私のお気に入りのお菓子を紹介していくので、皆さんの食べてみたいお菓子リストに加えて頂けたら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする