名古屋の「鬼まんじゅう」といえばシンプルで美味しい「梅花堂」がおすすめ!

梅花堂の「鬼まんじゅう」とは?

まず「鬼まんじゅう」をご存知でしょうか?

「鬼まんじゅう」とは、愛知県の郷土料理の1つで、主にさつまいもと小麦粉で出来ているシンプルなお饅頭です。

角切りしたさつまいもがゴロゴロ入っている様が鬼の金棒や角に見える事から「鬼まんじゅう」と名が付いたと言われています。

この投稿をInstagramで見る

上山 真未 (東海テレビアナウンサー)(@ueyama_mami)がシェアした投稿

戦中、戦後の食糧不足の時に、お米のかわりに主食として食べられていた、昔からあるお菓子です。

この「鬼まんじゅう」は愛知県のいろんなお店で作られていますが、その中でもおすすめなのは「梅花堂」です!

この投稿をInstagramで見る

IDENTITY名古屋【グルメ】(@identity_nagoya)がシェアした投稿

老舗の和菓子屋さんで昔から名古屋人に愛されているお店です。

ここの鬼まんじゅうは、他店よりもぷにぷに、もっちりしていて食感が人気の理由の1つだと思います。

予約しないと売り切れてしまう事が多い銘菓です!

郷土料理のお土産は喜ばれる! お手頃価格なのもポイント!

郷土料理のお土産って本当に喜ばれます!

名古屋内でもお土産と渡すことも多いようで、地元にも愛されている「人気のお土産」という事が分かりますね。

この鬼まんじゅうは、1個134円と本当に安く、なのにボリュームもあるので、老若男女問わずファンが多いです。

店名が描かれている素敵な包装紙の中に、透明なフィルムで個包装されています。

その場でも配る事が出来るので、お土産にも良いですね。

ただ、賞味期限が当日中なので、長距離のお土産には難しいです。

私は以前、冷凍した鬼まんじゅうをお土産で頂いた事があります。

問題なく美味しかったのでおすすめです。

材料も、サツマイモ、小麦粉、塩のみ、国産を使っているとの事で、安心できるお菓子なので、子どものおやつや、お子様のいるお家へのお土産にもいかがでしょうか。

梅花堂には美味しい和菓子がたくさん!

ご紹介した「鬼まんじゅう」が売っている梅花堂は、覚王山駅から徒歩3分のところにあります。

昔ながらのお店の外観で、ショーケースには魅力的な和菓子がたくさん置いてあります。

私が行ったときには7種類ほど並んでいました。

その中で、大福餅を以前食べてみたのですが、もっちり感が強く、皮が分厚めな初めて食べるような大福餅でした。

大福の皮が好きな人にはお勧めです笑。

材料も、大まかな作り方もオープンになっているのに、「ここの鬼まんじゅうが食べたい」と思わせるなんて凄いなと、いつも食べながら思ってしまいます。

是非、愛知名物の鬼まんじゅうを食べてみて下さい。

他店と比べて食べるのも面白いと思います。

お店情報

本記事で紹介しました、梅花堂の情報です。

店名
梅花堂 (ばいかどう)

アクセス
名古屋市営地下鉄東山線覚王山駅 徒歩3分

住所
愛知県名古屋市千種区末盛通1-6-2

≪TEL≫
052-751-8025

営業時間
8:00~17:00
不定休

駐車場
駐車場有り(2台のみ)

料金
鬼まんじゅう 1個134円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする