姫路のグルメ「回転焼」の王様にて御座候。だから”おいしい”んですね。

「回転焼き」は兵庫県は姫路市の生まれにて御座候。

筆者が小さかった頃は母が近所のお店で鯛焼きや大判焼(回転焼)をよく買ってきておやつの時間に食べていました。

中学か高校生の頃になると母は高島屋で売っている「御座候」しか買って来なくなりました。

この投稿をInstagramで見る

ブドウちゃん(@budou_chan)がシェアした投稿

理由は食べて納得、中身のあんこが断然美味しかったからです。

それもそのはず、御座候のあんこは北海道産の上質あずきにこだわっているから断然美味しいんですよね。

御座候は百貨店で売っている少し高級な大判焼というイメージだったので東京か大阪あたりが発祥かと思ってました。

でも実は、御座候は大阪から西に90km離れた兵庫県姫路市が発祥なんです。

ちなみに私の田舎では大判焼と言っていますが、関西では回転焼、関東では今川焼と呼びますね。

アイスバーやジャンボ焼餃子も御座候。

御座候」の一部店舗では、アイスバーわらび餅ジャンボ焼餃子なども売っています。

アイスバーは井村屋のあずきバーに似ているように思います。

この投稿をInstagramで見る

ぶーこ(bu_ko☆mocha)(@bu_ko_811)がシェアした投稿

わらび餅は和菓子だからまだ分かりますが、あずきと関係のない餃子まで売ってるとは意外ですよね。

でもこのジャンボ焼餃子、結構古くから姫路っ子にはお馴染みの食べ物らしいです。

この投稿をInstagramで見る

souich okada(@souichokada)がシェアした投稿

普通の餃子よりも2倍くらい大きくてボリューム満点。

筆者はまだどれも食べたことがないので、ぜひ一度食べてみたいと思っています。

北は北海道から西は広島まで御座候。

御座候」のお店は全国18都道府県にあります。

関東や東海地方にもたくさんお店があるので、百貨店で見掛ける機会も多いですよね。

でも東北地方と九州はゼロ、北海道と四国には1店舗しか無いので、それらの地域の人にはほとんど馴染みは無いでしょうか。

この投稿をInstagramで見る

otafuku(@otafuku_manju)がシェアした投稿

ところで「御座候」は普通の赤あんだけでなく、白あんもありますね。

白あんは北海道産の絹てぼうといういんげん豆を使っていて、あずきよりも食物繊維が豊富なんですよ。

筆者は白あんも好きなので、赤あんと白あんを同じ数ずつ買っちゃいます。

ジャンボ焼餃子は姫路のみ、わらび餅は兵庫と大阪の一部店舗のみの販売ですが、アイスバーは関東や東海、中四国の店舗でも販売しています。

見掛けたらぜひご賞味あれ。

あずきミュージアムにはオリジナルグッズも御座候。

本社工場ショップの横には、あずきミュージアムというあずきを題材にした庭園があります。

この投稿をInstagramで見る

Ami Yamamura(@____ymmr)がシェアした投稿

入館料は1200円と高めですが、ミュージアムショップだけなら無料で入れます。

御座候のストラップやクリップ缶などの限定商品が販売されているので、旅のお土産に買って帰るのも面白いと思いますよ。

【本社工場ショップ】

<住所>

兵庫県姫路市阿保甲611-1

<電話>

079-282-8338

<営業時間>

10:00~17:00
定休日:毎週火曜日、年末年始

<交通アクセス>

・JR姫路駅南口から東に徒歩15分(約1km)

<駐車場>

あり

【FESTA店】

<住所>

兵庫県姫路市駅前町188-1 地下街グランフェスタ5番街

<電話>

079-221-3566

<営業時間>

10:00~20:00
※定休日:年中無休

<交通アクセス>

JR姫路駅東改札口からすぐ

<駐車場>

なし

【お値段】
・御座候(赤あん/白あん) 1個 税込95円
・御座候アイスバー(赤あん/白あん) 1個 税込140円
・わらび餅  税込320円
・ジャンボ焼餃子  6個入り  税込450円

【ホームページ】
https://www.gozasoro.co.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする