くらづくり本舗の最中 福蔵(ふくぐら)はボリューム満点!

くらづくり本舗の「くらづくり最中 福蔵」とは?

くらづくり本舗」は、明治20年創業の130年以上も続いている、埼玉県の小江戸川越で有名な老舗和菓子店です!

そのくらづくり本舗の代表菓子が「くらづくり最中 福蔵(ふくぐら)」です!

この投稿をInstagramで見る

🌈綾🌈(@rainbowdogcat)がシェアした投稿

地元川越ではこれは間違いない和菓子だと言われているようです(笑)

ここの最中の特徴は、まず一つが大きいという事です。(縦横10センチで、厚さが3センチくらい?)

私はいつも4つに切り分けて、シェアして食べています。

そして、もうひとつは最中の中にモチモチの新潟産のこがね餅が入っているということです!

この投稿をInstagramで見る

【公式】くらづくり本舗(@kuradukuri)がシェアした投稿

甘さのちょうどよい小豆餡ともちっとしたお餅の相性よく、またこの甘さを芳ばしい最中皮が包み込んで何度も食べたい!と思ってしまう味を生み出しています。

ボリューム満点で、味も美味しく文句なしの和菓子です!

「生まれる福」「伝え守る蔵」という思いが込められており、縁起も良いお菓子ですね。

お土産にいかが?ボリューム満点で美味しく、大満足!

川越代表銘菓の1つとして小江戸川越観光協会に選ばれていますし、ボリューム満点で満足度も高く、私はお土産におすすめします。

私の中では、年末年始やお祝い事のギフトとして選ばれている印象です。


名前に「福」「蔵」が付いていますし、お土産として買っていくといつも喜んで頂けます。

賞味期限は7日間です。

ただ、1つが大きく重いので(笑)、大量買いすると持っていくのが大変です。

大量に購入する時は、車で移動する時やオンラインショップで購入するなどが良いと思います。

また、このくらづくり最中ですが、川越の「蔵づくりの蔵」をかたどった「店蔵(みせぐら)」バージョンもあります。

こちらは最中皮と餡は福蔵と同じですが、中にお餅が入っていません。

でも、川越らしいお土産としては、こちらの方が分かりやすいかと思います。

両方セットの商品があるので私はそれがおすすめです。

久保町本店で「くらづくり最中 福蔵」を買おう!

小江戸川越で観光しながら、久保町本店で購入する事をお勧めします!

少し新川越駅から距離はありますが、他にも、川越には美味しいお菓子が沢山あります。

食べ歩き出来るので、観光しながら是非本店に行ってみてください!

大きい店舗なのですぐ見つける事が出来ると思います。

久保町本店では、べにあかくんというスイートポテトなどその他色々美味しいお菓子も売っています。

この投稿をInstagramで見る

@rosy0810mamがシェアした投稿

1個売りもあるのでまずは試してみて下さい!

オンラインショップでも購入できます。

Web限定の商品もあるので是非チェックしてみて下さい。

最後に…店舗情報を掲載します♪

最中を購入するのにおすすめ、本店の情報を載せます。

≪店名≫
川越菓匠 くらづくり本舗 久保町本店

≪アクセス≫
本川越駅から徒歩で12分ほど

≪住所≫
埼玉県川越市久保町5-3

≪TEL≫
049-225-0030

≪営業時間≫
9:00~20:00
(水曜日18:00閉店)

≪駐車場≫
駐車場有り

≪料金≫
くらづくり最中 福蔵 6個入 1,130円(税込)
くらづくり最中 福蔵 9個入 1,595円(税込)
くらづくり最中 福蔵 12個入 2,060円(税込)
最大36個入り(3段)まであります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする