まるで“おはじき”!?美しさを心に残す『かいちん』とは?

どこで買えるの?”石川屋本舗”とは?

かいちん』は石川県金沢市にある”石川屋本舗”で販売されている和菓子です!

この投稿をInstagramで見る

石川屋本舗(@ishikawaya.honpo)がシェアした投稿

“石川屋本舗”は天保年間に創業してから、情緒ある四季の移ろいを和菓子で表現し、昔ながらの製法で手作りの味を守り続けています。

「美味しさを心に残す」という言葉をコンセプトに、様々な和菓子を考案し販売しているので、金沢市に住む人々から愛されています♪

外観は白を基調としたアンティークな三階建てで、昔から使用されているアンティークな看板はタイムスリップした感覚を味わうことができます!

「かいちん」ってどんなお菓子?

かいちん』は琥珀糖で、パリッとした食感の薄い砂糖の幕にトロッとした柔らかい寒天が包み込まれている和菓子です♡

見た目は色鮮やかで、動物や魚などの様々な形が用意されていることから、食べるのが勿体ないと感じるくらい可愛いです!

『かいちん』ってどういう意味なの?

石川県金沢市で有名な『かいちん』ですが、地元でも言葉の意味を知らない人は多いそうです。

実は私も実際に販売店のお姉さんに聞いてみるまでは知りませんでした…!

聞いて驚いたのですが、『かいちん』は“おはじき”という意味だそうで、色鮮やかで綺麗な見た目は“おはじき”そのものだと感じました♪

“おはじき”は奈良時代に中国から伝わりました。明治時代に金沢は土で作られた“おはじき”を『かいちん』と呼んでいたそうで、大正時代にガラス玉を用いたカラフルな『かいちん』が作り始められたそうです!

“石川屋本舗”では素朴な『かいちん』の可愛らしさや、古き良き時代の金沢を多くの人に知って貰うために、材料を吟味して独特の手法で丁寧に作られています♡

そんな「かいちん」は、オンラインショップで購入も可能です!

販売店は本店と金沢駅構内の2店舗しかないので、直接購入するのは難しいですが、公式ホームページのオンラインショップから購入できるので、ご安心ください♪

特別な観点とお砂糖を自然乾燥させて作る琥珀等は、華やかで祝い事にもピッタリ♡

日持ちは3週間程度と長めなので、大切な人へのお土産としてもオススメな商品です。

配送料は地域によって異なりますが、930円〜1480円以内で配送可能です。

商品に「送料込み」と記載されている場合は、別途で負担する必要がないので注意が必要です!

この投稿をInstagramで見る

石川県観光物産館(@ishikawakenkankoubussankan)がシェアした投稿

《店舗情報》

①石川屋本舗 本店

・住所:〒920-0059 石川県金沢市示野町西22

・営業時間:午前8時〜午後5時迄

・定休日:不定休

・TEL:076(268)1120

②金沢駅構内 あんと店

・住所:〒920-0858 石川県金沢市木ノ新保町1-1(有料駐車場あり)

・営業時間:午前8時30分〜午後8時迄

・定休日:年中無休

・TEL:076(260)3768

《料金(税込)》

・動物のかいちん… 864円

・水族館のかいちん… 972円

《オフィシャル》

https://ishikawaya-honpo.co.jp

《作者紹介》この記事を書いてくれた方をご紹介します♪

お名前:RaMu

石川県在住でフリーランスのWebライターです!

現在はライター業だけでなく、文字起こしやリライトなど幅広く活動しています。

1歳の娘と一緒に、歌って踊りながらNiziUを見るのが「至福の時」です!

趣味は、“日本だけでなく世界各地から”お菓子を取り寄せて食べること♪(笑)

記事で紹介しているお菓子は全て実食済み!

どれも美味しいので、皆さんも食べてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする