「シェル・レーヌ」はG7伊勢志摩サミットのコーヒーブレイクで活躍

各国の首脳が食べたかも⁉三重県の人気焼き菓子「シェル・レーヌ」

2016年5月に開催されたG7伊勢志摩サミット。テレビや新聞の報道などでまだ記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

日本をはじめアメリカやイギリスなど7か国の首脳が集まり開催された会議では、三重県で人気の焼き菓子「シェル・レーヌ」がコーヒーブレイクのお菓子として採用されました。

これから先の人生、出会うことがないであろう首脳陣と同じお菓子を食べたとなると驚きですよね。

「シェル・レーヌ」は1994年に第22回全国菓子大博覧会で「名誉総裁賞」、2017年に「日本ギフト大賞2017 三重賞」を受賞しています。

商品へのこだわりや季節限定の「シェル・レーヌ」についてみていきましょう!

「シェル・レーヌ」はカルシウムも取れて心にも体にも優しいスイーツ

見た目が貝の形をした「シェル・レーヌ」は、三重県鳥羽だからこその材料を使って作られています。

鳥羽産の卵、小麦粉は三重県産のあやひかり、地元企業が開発した真珠貝から作られた天然パールシェルカルシウム、この3つが生地に使用されています。

膨張剤や保存料などの添加物は一切使用されていないので、子どもにも安心して食べてもらうことができますね。

一口食べるとバターの香りがすごい!使われているのは北海道のバターです。

素材のおいしさをそのまま味わっているという感じですね。

この投稿をInstagramで見る

Hiroshi Nose(@kuramakaidou_nikenjyaya)がシェアした投稿

“三重県のお土産でもらってうれしいお菓子“としても評判で、口コミで高評価をつけている人が多い印象です。

公式サイトで紹介されていたのですが、世界の美女として有名なクレオパトラは美容のために真珠を飲んでいたのだとか。

「シェル・レーヌ」には、真珠に光沢を与えているあこや貝の内層光沢部分を粉末にした天然のカルシウムが加えられています。

このことから、「シェル・レーヌ」を食べればカルシウムが摂取できる・心と体の両方にやさしいことがわかりますね。

「シェル・レーヌ」には塩・伊勢茶・あおさのりのバージョンがある

シェル・レーヌ」にはプレーン以外にもいろいろな味のバージョンがあるのでご紹介しますね。

期間限定で販売されているのは塩味の「シェル・レーヌ」。

塩といえば夏にかかせないし、お菓子では甘みを引き立ててくれる役目を果たしますよね。

甘いのと塩気を両方楽しみたい方におすすめです。

他にも、カテキン含有量が多く深い甘みと香りが評判の伊勢茶を使用した「シェル・レーヌ」やリアス式海岸が生み出したあおさのりが香る「シェル・レーヌ」もあります。

どの商品も製造から約1か月は日持ちがするので、お土産やお茶菓子に喜ばれそうですよ。

「シェル・レーヌ」は鳥羽市、伊勢市、津市、神戸市で購入可能~まとめ~

シェル・レーヌ」を販売する店舗は、三重県鳥羽市以外にも伊勢市や津市、兵庫県神戸市にもあります。

ちなみにですが、私は地元にあるスーパーに設けられた“おすすめお取り寄せ”のコーナーにあったときに購入しました。

1日に1万個が製造されている「シェル・レーヌ」は、機械化ではなくひとつずつ手で焼いて作っています。

発売された当時からの味を守り続けています。

気になった方はぜひお店のHPをチェックしてみてくださいね。

この投稿をInstagramで見る

ono say hello(@ono_say_hello)がシェアした投稿

《住所》

株式会社ブランカ

鳥羽本店

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽3-15-3

TEL0599-25-5999

《アクセス》

中之郷駅から歩いて約6分

《営業時間》

10:00~18:00※定休日:火曜日(1月1日~3日とその他臨時休業あり)

また2020年7月19日(日)から毎週日曜日の営業は当分の間10:00~17:00となっています。

《料金》

・1個:172円(税込み)

・10個入(シェル・レーヌのプレーンと塩):1782円(税込み)

※塩シェルレーヌについては夏季限定品のため、2種詰め合わせも期間限定販売

《駐車場》

あり

《オフィシャル》

三重 洋菓子のお土産といえば|株式会社ブランカ (blanca.co.jp)

ブランカオンラインショップ (blanca-shop.jp)

【作者紹介】この記事は私が書いています♪

ニックネーム:さとこ

ママ在宅ワーカーのさとこです。

先日、保育園でザリガニ釣りの散歩がありました。

上の学年の散歩でしたが、我が子はクラスで一人参戦したようです。

「水筒や帽子をサッと用意して、散歩の列に並びましたよ」と先生。

通園し始めてから勇ましくなっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする