茨城から世界へ羽ばたく期待の「メロンバーム」

メロン王国・鉾田市で作られている「メロンバーム」

茨城県鉾田市はメロンの生産量日本一を誇るメロン王国といわれています。

その中でもいちばん注目を集めているのが「メロンバーム」です。

この投稿をInstagramで見る

⸜ ⸝(@ayuuuuu_mi)がシェアした投稿

日本で初めてメロン狩りを考案した深作農園で収穫したメロンを使用しているので、メロン本来の甘みを味わえる贅沢なバウムクーヘンです。

このメロンバームを完成するまでに、メロンの甘味とふんわりとしたバウムクーヘンの柔らかさを実現させるための研究が半年間行われました。

農園で収穫された完熟メロンの美味しさがそのままバウムクーヘンに活かされるまでには、たくさんの人々の努力があったのです。

その努力の甲斐もあり、第一回茨城おみやげコンクールで見事、「メロンバーム」が最優秀賞を受賞をしました。

本場・ドイツが認めた「メロンバーム」

「メロンバーム」を製造している『ファームクーヘンフカサク』は、バウムクーヘン発祥の地ドイツの味をヒントに一つ一つ丁寧にバウムクーヘンを作り上げ、『日本人が世界で初めてドイツのバウムクーヘンの味を再現した』という見出しでドイツの新聞社に取材を受けた経験もあります。

この新聞社の取材を機にさらに、世界初の農家のバウムクーヘン専門店としての知名度も広がり、一人一人が安全で安心して食べてられるバウムクーヘン『メロンバーム』が茨城のお土産の仲間入りを果たします。

農園で収穫した自然の素材を存分に活かした日本一美味しいバウムクーヘン『メロンバーム』の人気は今後も続いていくこと間違いなしです!!

プレミアム版「メロンバーム」も登場

メロンバーム」にはプレミアムシリーズが存在します。

見た目もメロンの形を再現し、メロン丸ごと1個分を使用している濃厚な味わいが魅力です。

通常のメロンバームよりもこだわっているのが、『メロンチョコで描いたメロンの網目部分』、『メロンの皮を再現したメロンパイ生地』、『メロンの果肉を表現したメロンようかん』と、ひとつのバウムクーヘンの中に沢山の要素をぎっしり詰め込んでいるところです。

和と洋のコラボが実現した『メロンバームプレミアム』は15層のボリュームたっぷりな一品です。

そのため、誕生日などのお祝いごとで利用されることが多い商品でもあります。

お客様への配慮を優先した「メロンバーム」~まとめ~

「メロンバーム」をはじめとする『ファームクーヘンフカサク』のバウムクーヘンは、一つ一つが手作りのため多くの製造は行っていないので、注文が混み合ってしまう場合は時間を要することもあります。

そんなお店のこだわりからは、メロン本来の美味しさと製造の安全性を保ち、一人でも多くのお客様に「メロンバーム」を楽しんでもらいたいという作り手の強い気持ちと、お客様への配慮を優先している気持ちが伝わってきます。

公式ページからも購入は可能ですが、やはり手作りでの提供ということで、到着までに時間を要することへの言葉が記載されています。

お祝いや、決まった日時の用途に利用したい場合は、注文の期間に余裕を持って予約して下さいね。

また、名産のメロンの他にも農園で収穫した『イチゴ』や『さつまいも』のバウムクーヘンも販売されていますので、そちらも確認してみて下さい。

Farmkuchen Fukasaku 農家のバウムクーヘン

《公式》

https://farmkuchen.com/item/

バウムクーヘン専門店 ファームクーヘンフカサク

《住所》

〒311-2102 茨城県鉾田市台濁沢371-2

《アクセス》

電車:臨海大洗鹿島線「大洋」駅から徒歩30分。

《営業時間》

午前9時〜午後18時、無休。(変更の可能性あり。)

《駐車場》

有り、無料。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする