蔵出し焼き芋かいつか「紅天使」の糖度は驚きの47度!とろける美味しさが魅力です♪

「蔵出し焼き芋かいつか」ってどんなお店なの?

少しずつ秋が深まり、焼き芋が美味しい季節となりました♪

最近は焼き芋がちょっとしたブームになっていて、スーパーなどでも年中楽しむことができますが、やはり旬は秋!

この季節に食べる焼き芋は、特別美味しく感じます。

今回は、茨城県にあるオリジナリティあふれる焼き芋をご紹介します。

茨城県は、実はお芋の名産地としても有名なんですよ♪

その中でも、度々行列ができるほどの人気店蔵出し焼き芋かいつかは、茨城県のかすみがうらに本店を構えているお芋スイーツの専門店です。

これまで何度もテレビ番組や雑誌で紹介されていて、芸能界にもかいつかのファンが多いとか♪知る人ぞ知る話題の有名店なのです。

蔵出し焼き芋かいつかではいろんなお芋のお菓子が楽しめます♪

蔵出し焼き芋かいつかには、ありとあらゆる種類のお芋スイーツが揃っています。

代表商品である焼き芋のほかに、干し芋の種類も豊富で、スイートポテトなどの生スイーツやアイスもあります。

もちろん大学芋もありますし、カルビーとコラボレーションして制作された「天使のかけら」というスナックもおすすめです。

View this post on Instagram

@coconana_3がシェアした投稿

サクサクとした独特の食感が後を引きますよ♪

また、カフェスペースもあり、ドリンクやフードが楽しめるのも嬉しいです。

糖度47度のお芋!紅天使ってなに?

そんな蔵出し焼き芋かいつかで、いちばん人気のある商品が、「紅天使」の焼き芋です。

View this post on Instagram

蔵出し焼き芋かいつか【公式】(@kuradashi.kaitsuka.official)がシェアした投稿

紅天使とは、お芋の種類なのですが、実はこのお芋がすごいんです。

なんと焼き上げた後の最高糖度が驚愕の47度!

口にほおばると、とろっとろの蜜のように甘くて、しっとりとした味わいに感動する人が続出しています。

この紅天使は、「かいつか」が開発したオリジナルのお芋です。

安全でおいしいお芋になるよう、生産者の方とその年の気候や気温などに合わせて、何度も相談を重ねて大切に育てています。

そして、収穫後はじっくりと、独自の貯蔵方法によって熟成させるそうです。

このゆっくりと時間をかける手間ひまが、驚きの糖度を引き出しているんですね。

さらに、熟成が完了したお芋は、その日の気温や湿度によって焼き方も変えています。

「かいつか」さんの、お芋に対する強いこだわりや高い技術が、あの奇跡と呼ばれる焼き芋を生み出していることが分かりました。

 

蔵出し焼き芋かいつかの紅天使はネットで注文が可能です~まとめ~

紅天使の焼き芋は、お芋好きな方はもちろん、そうでない方にもぜひ一度食べていただきたい逸品です。

きっと、「こんな焼き芋初めて!」と感動していただけることでしょう♪

そして、ネットでの注文も可能です。その他のスイーツも選べるので、ぜひいろいろと試してみてください♪

《住所》

茨城県かすみがうら市大和田字地蔵前517

《電話番号》

029-879-8077

《アクセス》

お車をご利用ください

■行方市方面から

霞ヶ浦大橋から国道354号線を土浦方面に直進、右側にかすみがうら市役所霞ヶ浦庁舎が見える交差点の左、角に店舗があります。

■高速道路・土浦市方面から

常磐自動車道土浦北ICから国道354号線を行方方面に直進、かすみがうら市霞ヶ浦庁舎手前交差点の右側、角に店舗があります。

 

《営業期間》

9:30~18:00

定休日:年中無休(臨時休業有)

 

《料金》

冷凍 1kg 1,740円

冷蔵 10本 3,300円

など

《駐車場》

あり

《オフィシャル》

https://www.kuradashi-yakiimo.com/shop/default.aspx

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする