神奈川県・箱根ちもとの「湯もち」は70年続く伝統の和菓子

箱根で愛され続ける和菓子・ちもとの「湯もち」はどんなお菓子?

箱根でお土産を買うなら、外せないのがちもとの『湯もち』です!

「湯もち」とは、国産もち米を使用した白玉粉を練り上げたやわらかいお餅の中に、細かく刻んだ羊羹を入れ、さらに柚子の香りが香る上品な和菓子です。

竹の皮に包まれた白いお餅は、箱根の湯につかった心地よさを思わせるもっちり感。

神奈川県の指定銘菓にも選ばれている一品です。

箱根のお土産にと買っていく方が多いのも納得のおいしさですよ。

ちもとといえば、お土産屋さんが並ぶ賑やかな箱根湯本駅前通りにある駅前通り店が有名ですが、本店は別の場所にあります。

箱根七湯発祥の地である湯場の奥、「滝通り」と呼ばれる場所の入口にあるのが「滝通り本店」です。

この投稿をInstagramで見る

ちもと箱根(@chimoto_hakone)がシェアした投稿

ちもとは昭和25年の創業以来、70年余り美味しい和菓子を作り続けてきました。

創業当時から変わらぬ製法を守り、食品添加物など人工的な素材は極力使わない、健康安全な和菓子を届けているそうです。

箱根の美味しいお土産は数多くありますが、ああ箱根に来たな~と感じさせてくれるちもとの「湯もち」。

変わらぬ味が箱根の湯と共にホッとあたたかな気持ちをくれます♨

ちもとの店舗隣には、ちもとの和菓子がお茶と共に楽しめる喫茶店「茶のちもと」もあります。

お店でも買えるちもとの和菓子はもちろん、季節限定で「お濃茶のかき氷」なども楽しめますよ。

ちもと「湯もち」以外にもおいしい和菓子がそろってます!

ちもとの看板商品はやはり『湯もち』だと思いますが、ちもとには他にもおいしい和菓子がたくさんあります。

かわいい鈴形の「八里(はちり)」は、最中にこしあんが入ったお菓子です。

この投稿をInstagramで見る

nobuko tanaka(@t.siruvi)がシェアした投稿

「箱根馬子唄」にうたわれる馬子衆の鈴をかたどったのだそう。

朱・紫・白の三色の紐で結ばれた鈴は何ともかわいらしく、お土産でで貰ったら感激してしまいそうですね。

それから、これはまさに素材の味を味わえる「わらび餅」!

国産本蕨粉を練り上げたわらび餅で、こしあんを包み、それを国産大豆で作ったきな粉をつけていただきます。

この投稿をInstagramで見る

ちもと箱根(@chimoto_hakone)がシェアした投稿

ふたつの丸いお団子が小さな串にささった「草だんご」もおすすめ。

ヨモギ餅をこしあんでつつんだ一品です。見た目も本当にかわいい。

与五郎 忍」は、落花生と胡麻で焼き上げた皮でつぶしあんをはさんだ和菓子です。

この皮は刀の鍔をかたどっています。

ちもとまんじゅう」は、沖縄産の純黒砂糖をすり蜜に仕上げ、こしあんを包んだおまんじゅうです。お土産にもぴったりだと思います。

週末限定の「結び文初花」は、白餡を細かく刻まれた信州くるみが入った生地で包み焼き上げたお菓子。

こちらも「湯もち」同様に神奈川県の指定銘菓です。

素朴な「黒助」は、卵パン生地を黒砂糖のすり蜜に蜜がけして仕上げたおやつにぴったりなお菓子。

ドーナツのような形もかわいらしいです。

他にも季節限定の「さくら餅」や「栗むしようかん」もあります。

ちもと「湯もち」他の和菓子、値段と賞味期限はどのくらい?

ちもとの和菓子について、値段や賞味期限などを調べてみました。

  • 湯もち 260円(1個)

消費期限:4日

  • 八里 290円(1房)

消費期限:5日

  • 与五郎 忍 290円(1個)

消費期限:4日 (夏季 7月~9月は3日)

  • わらび餅

1,740円(6個)

2,900円(10個)

290円(1個)※本店のみ販売

消費期限:2日

  • 草だんご

320円(2本)

480円(3本)

800円(5本)

消費期限:1日

  • 結び文初花 260円(1個)

消費期限:5日

  • ちもとまんじゅう 60円(1個)

消費期限:4日

※7~9月は販売休止

  • 黒助 500円(6個)

賞味期限:20日

  • さくら餅(春季限定)

440円(2個入)

660円(3個入)

1,100円(5個入)

消費期限:1日

  • 栗むし羊かん(秋季限定)

1,728円(1本)

消費期限:4日

ちもと「湯もち」は通信販売もおすすめです!~まとめ~

ちもとの『湯もち』は箱根の本店や駅前通り店、首都圏の百貨店などでも曜日を決めての取り扱いがあります。

オフィシャルオンラインショップや電話での注文も受け付けているので、そちらも便利です。

この投稿をInstagramで見る

杉山隆寛(ちもと主人)(@chimoto_sugiyama)がシェアした投稿

《ちもと滝通り本店》

〒250-0311

神奈川県足柄下郡箱根町湯本509

《営業時間》

9:00~16:00

《駐車場》

なし

《ちもと駅前通り店》

〒250-0311

神奈川県足柄下郡箱根町湯本690

営業時間:9:00~17:00

駐車場:1台

《外部販売》

・ちもとラスカ小田原店

1F 食品フロア お城側ウィークリースイーツ横

・Odakyu OX MART小田原店

小田原駅構内アークロード中ほど

※湯もち 5個入り

・箱根の市

箱根湯本駅構内 改札前

※湯もち 5個入り

・かまぼこの里

鈴廣かまぼこ 小田急線風祭駅直結

※湯もち 5個入り

・東急ハーヴェスト

VIALA箱根翡翠 ホテル内ショップ

※湯もち 5個入り

・富士屋ホテル(宮ノ下)

ホテル内ショップ

※湯もち 5個入り

・スズキヤ逗子駅前店

※湯もち 5個入り

毎月第1金曜日のみ販売

・髙島屋 日本橋店

※湯もち 3個入り

毎月第2・4火曜日のみ販売

・高島屋 新宿店

※湯もち 3個入り

毎月第2・4火曜日のみ販売

・高島屋 横浜店

※湯もち 3個入り

毎週水曜日のみ販売

・高島屋 柏店

※湯もち 3個入り

毎週火曜日のみ販売

・ジェイアール名古屋タカシマヤ

※湯もち 3個入り

毎週土曜日のみ販売

・そごう 横浜店

※湯もち 5個入り

毎月第1・3火曜日のみ販売

・西武池袋本店

※湯もち 5個入り

毎月第2木曜日、最終週の金曜日のみ販売

《オフィシャルオンラインショップ》

https://store.shopping.yahoo.co.jp/yumochi/

《オフィシャル》

https://yumochi.com/

【作者紹介】この記事を書いたのはワ・タ・シです♪

スイーツ大好きmomoと申します。

旅行と歴史が大好き。いつか全国をまわって、北は北海道、南は沖縄まで各地のお菓子を食べ歩きたいなあと夢見ています。

お取り寄せしたお菓子を食べながら、その土地に思いをはせたりも。

私のお気に入りのお菓子を紹介していくので、皆さんの食べてみたいお菓子リストに加えて頂けたら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする