塩職人とパティシエのコラボ!「田野屋塩二郎シューラスク」が通販でもお求めやすく…

田野屋塩二郎シューラスク』は通販でもお手軽にお求めになれます。


「田野屋塩二郎シューラスク」は口の中で溶けていく不思議食感

前々から気になっていた『田野屋塩二郎シューラスク』。

私の地元で何度か目にしたことはあったのですが、買うべきかどうか悩んでいるといつの間にか売り切れていたなんてことも…。

そして今回はやっと購入することができました!

大げさかもしれませんが、念願の『田野屋塩二郎シューラスク』です。

カップ入りを購入したのですが、カップを開けたときの軽くフワッと香ってくるキャラメルの香りに食欲をそそられました。

食べてみると、口の中でラスクが溶けていくのがわかります。

この投稿をInstagramで見る

津田の松原サービスエリア下り線(@tsudanomatsubara_sa_kudari)がシェアした投稿

私の中でラスクは「バリバリ食感」のある比較的固めのお菓子だったのですが、概念が変わりました。

『田野屋塩二郎シューラスク』にはラスク用のオリジナルシュー皮が使用されているとのこと…このラスク生地が出来上がるまでに何度も試作を繰り返し、3種類の小麦粉をブレンドすることにたどり着いています。

『田野屋塩二郎シューラスク』をお試しの際には、ぜひラスク独特の“サクサク”食感と口の中で溶けていくくちどけの良さを楽しんでもらいたいです。

「田野屋塩二郎シューラスク」の“田野屋塩二郎”とは?

田野屋塩二郎シューラスク』の“田野屋塩二郎”って何だろうと思いませんか?

恥ずかしながら私は初めて見たとき、どこかの会社の社長さんの名前かと思いました。

調べてみると、“田野屋塩二郎”は海水のみを原料に作られる完全天日塩のことでした。

日本では機械でろ過したものを窯で炊き上げて蒸発させる方法で作られているお塩がほとんどらしく、“田野屋塩二郎”は国内でも数少ない一切火を使わずに潮風と太陽光のみで仕上げるお塩なんだとか。

出来上がるまでに3か月~6か月かかり、完成までは1時間ごとに手入れをする手間もかかっています。

この“田野屋塩二郎”を使ってパティシエさん達が手作業で炊き上げた塩キャラメルは、甘すぎず食べた後も口の中はすっきりとしています。

ついついもう1個と手が伸びてしまう感じです。

ラスクに乗ったパリパリアーモンドとの相性も良かったです。

「田野屋塩二郎シューラスク」の評判は?これまでの受賞歴も調査

田野屋塩二郎シューラスク』は輝かしい受賞歴を持ったお菓子です。

これまでに、「にっぽんの宝物JAPANグランプリ2016」ではグランプリ受賞(第1位)、おみやげグランプリ2018ではグランプリ受賞(第1位)を受賞していますよ。

第1回のにっぽんの宝物JAPAN大会では、日本一に輝き日本代表として世界大会にまで出場。

そして、シンガポール シャングリ・ラ ホテルと共同開催された世界大会では優秀賞を獲得しています。

田野屋塩二郎シューラスク』は世界にまで進出してたんですね。ただただ驚きです。

お土産や自分用に購入した人たちの口コミをみていても、“甘さと塩加減のバランスが良い”・“また買いたい”など高評価が多いです。

私も実際購入してみて、友達に会いに行くときの手土産にしたいと思いましたし、おすすめもしてみたいと感じました。

「田野屋塩二郎シューラスク」の賞味期限は?保存方法は?

最後になりますが、『田野屋塩二郎シューラスク』は常温保存で60日間の賞味期限となります。

カップ入りは食べたい分だけ食べて残りは蓋をして保存ができます。

一度開封したら、早めに食べ切ってくださいね。

箱入りや缶入りは個包装になっているので、保存がしやすくお土産で配るのにもちょうどいい♪ですよ。

《住所》

株式会社 スウィーツ

〒783-0093 高知県南国市物部272番地1

TEL088-878-6276

《アクセス》

立田駅から歩いて約20分(車の場合約3分ほど)

《営業時間》

公式サイト、楽天などネットからの購入が可能です。

私の地元では、大型ショッピングモールやスーパーなどで「田野屋塩二郎シューラスク」を取り扱っていたので購入ができました。

株式会社スウィーツの主要販売先には、高松空港や四国キヨスクなど空港や売店の名前が並んでいたのでお土産として旅先で購入することができるかもしれませんね。

《料金》

※オンラインショップでの値段です。すべて税込み。

・田野屋塩二郎シューラスク(カップタイプ) 617円

・田野屋塩二郎プチシューラスク(プチサイズ12枚入) 1,080円

・田野屋塩二郎シューラスクギフト缶 3,780円

《オフィシャル》

田野屋塩二郎シリーズ | (株)スウィーツ (sweets-corp.com)

【作者紹介】この記事は私が書いています♪

ニックネーム:さとこ

こんにちは!ママ在宅ワーカーのさとこです。

すっかり季節は秋から冬に変わってきましたね。

私の住む地域では半袖で過ごせた日の次の日から急に寒気がきたので、急いで長袖やら暖かい布団を用意。

「もっと早く準備しておけば…。」と後悔しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする