うなぎパイはもう古い!静岡の隠れた銘菓「富士山頂」をご紹介!

静岡の隠れた銘菓「田子の月 富士山頂」をご紹介します。

この投稿をInstagramで見る

Yamamoto Takao(@matsuda.yamamoto)がシェアした投稿

「うなぎパイ、美味しいけど他の人と被らないかな…。」と周りと被らない静岡銘菓をお探しの方へピッタリのお土産です!

富士山頂」は、上品な見た目と甘さで、取引先のお土産としても喜ばれるはず。

もちろん「田子の月」には、他にもたくさんの商品があります。

「富士山頂」と他のお菓子を詰め合わせて、あなただけのオリジナル土産を作るのもいいですね。

この記事を読んで「田子の月 富士山頂」をお土産にすれば、周りとは一味違った差のつくお土産を用意できますよ!

うなぎパイはもう古い!静岡の隠れた銘菓「富士山頂」って?

富士山頂」は、田子の月が販売している洋風菓子です。

富士山と言えば、日本を代表する山ですね。

そんな富士山をモチーフにした、静岡県内限定・唯一無二のお菓子が「富士山頂」です。

しっとりとしたスポンジに、朝霧牛乳を使用したまろやかなカスタードクリームが入っています。

この投稿をInstagramで見る

@hyde_13_810がシェアした投稿

ホワイトチョコがかかった見た目は、まるで冬化粧した富士山のようです。

2004年まで設置されていた山頂の観測所に見立てたコーヒー味のチョコビーンズが載っていて、味のアクセントになっています。

美しい見た目と上品な甘さは、年代を問わず喜ばれる一品です。

「富士山頂」以外のおすすめ商品はコレだ!

田子の月には、他にもたくさんの種類のお菓子が用意されています。

定番菓子は…

田子の月最中

“香ばしい皮に、北海道十勝産小豆と氷砂糖を使用し、あっさりと仕上げた粒餡と、程良いやわらかさの求肥餅、 それぞれが絶妙に調和している田子の月の代表銘菓です。”

富士山湧水最中

“北海道十勝産の小豆と静岡県産の抹茶を使用し、この商品のためだけに練り上げた2種類の餡をご自分で好きな量を乗せ、パリッとした皮の食感が味わえます。

皮は、富士山型の可愛らしい形をあしらっています。”

富士山御蔭餅

“生地に餅粉を使い「富士山」の型で焼き上げました。

自家製の皮むき餡の上品な甘さと弾力のあるもっちりとした生地の相性が絶妙です。

癖になる美味しさです。”

など、20種類以上の多岐にわたります。

その他、夏季限定の水羊羹やあんみつ、冬季限定のチョコロールなども用意されています。

季節限定のお菓子も詰め合わせれば、さらに一味違った土産になりそうですね。

「富士山頂」が買えるのはココ!~まとめ~

この記事では、静岡の隠れた銘菓田子の月の「富士山頂」をご紹介しました。

静岡県内でしか販売していないので、静岡に行ったらぜひ購入したいお土産です。

購入できる場所は、静岡県内に24カ所あります。

本店

<住所>
〒416-0952
静岡県富士市青葉町40

TEL:0545-63-6001

<営業時間>
9:00~19:00

<駐車場>
あり

富士山御殿場本店

<住所>
〒412-0026
静岡県御殿場市東田中字便船塚1026-9

TEL:0550-78-6326

<営業時間>
9:30~18:00

●「田子の月」オフィシャルサイト(お取り寄せできます!)

https://tagonotsuki.co.jp/okashi/teiban.html

本店以外の店舗住所もこちらから確認できます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする